短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

オーストラリア:有史以来最悪の大旱魃・・農業・畜産に壊滅的打撃


      20070516map.gif


オーストラリア:水使用制限強化を準備 深刻な干ばつで

 深刻な干ばつが続くオーストラリアで、
 首都キャンベラの水道を管理する公営企業は15日、
 水の使用制限レベルを最高の4に引き上げる準備を始めたと発表した。
 レベル4では、芝など植物への散水、洗車など、
 屋外での水使用が原則として禁止される。
 
 発表によると、首都地域に水を供給するダムの貯水率は
 31.2%の「危機的状況」で、
 このまま降雨がなければ7月までに適用される。
 消費量が増えた場合などには前倒しもあり得るという。
 
 豪州は昨年から史上最悪といわれる干ばつに見舞われ、
 小麦などの生産量は前年の半分以下に落ち込んだ。
 政府は、都市部住民への飲料水確保のため、
 同国農業生産高の4割を占める南東部の農業地帯での
 かんがい用水の供給停止も検討している。 

   (毎日新聞)


豪州の旱魃は6年連続であり、
特に去年から今年にかけての大旱魃は
ハワード豪首相曰く、

  「有史以来最悪の状況」

となっています。

被害が深刻なのは同国の南東部ですが、
その中のマレーダーリング盆地は
豪州の農業生産高の約40%を占めており、
現在、この地の農業は壊滅的な打撃を受けています。

豪で水不足一層深刻に 南東部マレーダーリング盆地

ハワード首相は先月19日、記者会見を行い、

  「5月半ばまでに多量の降水がないかぎり
  国の大部分の農地の灌漑を禁止する」

と発表しました。

灌漑用の注水が中止になれば
これに頼る畜産や園芸作物は壊滅するでしょう。

今、豪州は危機的な状況を迎えています。


すでに事態が深刻になり始めていた今年2月、ハワード首相は、
旱魃の被害が大きい4つの州から灌漑権を取り上げ、
これを連邦政府に集中させました。

また、今年1月には
旱魃に苦しむ北東部クインズランド州政府は、
下水をリサイクル処理した水を
飲料用に同州の一部で来年から使用すると発表しました。

州政府のビーティー首相は、

  「大変な決断だが、水を飲まなければ死ぬ。
  他に方法がない」

と、住民に理解を求めました。

地元紙によると、このまま旱魃が続けば、
同州の水源は09年に枯れ果てるとのことです。

このように、危機感に駆られた行政側は
旱魃対策を矢継ぎ早に打ち出しましたが、
事態の急進はこれを上回っていました。

去年の冬あたりから始まったこの大旱魃で
豪州産の農作物が記録的な不作となったため、
世界的に小麦・トウモロコシの値段が急騰しました。

豪州農業資源経済局によると、
今年夏の作物全体の生産量は前年よりも59%減
米生産は90%減、綿花は42%減が予想されています。
また、前年の冬の作物の生産高は
小麦が61%減、大麦が62%減でした。

さらに、豪州といえば羊や牛などの畜産ですが、
この旱魃による飼料不足が深刻で
畜産農家は破滅的な状況に陥っています。

現地紙によると、畜産農家の自殺が相次ぎ、
家畜を市場に出しても余りに痩せていて商品価値がないために
買い手がまったくつかないため、
農民に射殺される家畜が増えているとのこと。

去年の10月、飼料輸出大国である豪州が国内の飼料不足により
緊急の輸入を行うまでに追いつめられました。

この旱魃は生態系にも影響を及ぼしています。

カンガルーとラクダが
食料の草木の欠乏により、
都市部に雪崩れ込むという現象がおきています。

オーストラリア首都近郊でカンガルーの大量駆除を計画

豪州で大干魃 ラクダが異常繁殖し新たな悲劇も

これに対して人間側では
カンガルーとラクダの駆除に乗りだし、
動物愛護団体がこれに噛みついています。


さて、周知のとおり豪州は京都議定書に参加していません。

1997年の統計では
オーストラリアのCO2の排出量は世界全体の15位ですが、
国民一人あたりの排出量は4位です。

これは豪州のエネルギーが
もっぱら石炭などの化石燃料に依存してるからです。

この6年間の旱魃も
当初、豪政府は「地球の温暖化とは無関係」と主張していました。
しかし、事態が深刻になり、
もはや彼らから「無関係」の言葉は聞かれません。

2006年に発表された英国政府の気候変動と経済に関する報告書、
「スターン・レビュー」によれば、
豪州は「先進国の中で最も気候変動に脆弱な国」とされていますが、
この評は的中していたようです。

また、豪州は最もオゾン層破壊の影響を受けており
紫外線による人体のダメージも深刻化しています。

親は子供に日焼け止めを塗ることが義務付けられており、
学校では、日焼け止めクリームが教室に常備され、
子供たちも後ろに布の付いた日焼け止め用の帽子を被っています。

この状況を受けて豪州国内では
地球温暖化問題への関心が急速に高まっており、
最近の世論調査では地球温暖化を
「核」「テロ」に次ぐ世界的な問題である、との結果がでました。

京都議定書にそっぽを向けていた豪州政府も
この世論の高まりに押されて方針の転換を始めています。

豪、温暖化対策に力 民間主催 家屋・ビル一斉消灯も

地球温暖化問題に冷淡で
激怒したオセアニアの島嶼国家から
米国と並んで「元凶」とまで名指しされた豪州ですが、
我が身がここまで打撃を受けると
もはや他人事とは言ってられないようですね。



関連資料リンク

動画:6年続く干ばつ、温暖化のもたらす深刻な影響
 オーストラリア








スポンサーサイト
このページのトップへ

ノロウィルス始末記

え~、「ノロウィルス」に罹ってました・・。

おかげで更新が無茶苦茶遅れてしまいましたが
今日はその言い訳も兼ねてノロウィルス体験記でも書きます。
小汚い内容なのでそういうのが嫌な方はパスしてください(笑)

そもそも感染の原因が分からないんですよ。
牡蠣なんか食べてませんしね。
確かに職場の同僚が一人ノロに罹ってましたが、
そいつにゲロを吐きかけられたわけでもなく、
それほど接触があったわけでもなく。

やはり年末年始と言うことで
酒席に出入りすることが多かったせいでしょうか。
ああいう場だと吐く人間というのはつきものですが、
今年は例年に増して多かったような気がします。
そこからの飛散感染ですかね。

まず、夜半に胸が圧迫されるような感覚で目を覚ましました。
ちょうど胸焼けの強力版みたいな感じでしょうか、
なんとも言えない不快感でした。
夕食が唐揚げだったこともあり、そのせいかなとも考えました。
あと、下腹部にもかすかな痛みを感じました。

それから一時間後です。
突如、吐き気がこみ上げてきてトイレで盛大に吐きました。
あんなに強烈に吐いたのは子供の頃以来です。
もう胃の中がスッカラカンになるぐらい吐きました。
「お、俺、どうなっちゃうんだろう」って思いました。

と同時に、瞬時に
自分がノロウィルスに罹ったことを理解しました。
「ああ、こいつはやばいな」と。
「明日からしばらく仕事は休みだな」と。

その後、1~2時間の間隔で下痢が襲ってきました。
まさに襲来って感じで寝る暇などありません。
ウトウトしかけるとお尻辺りに冷えるような感覚がこみ上げてきて
これはやばいとトイレに駆け込みます。
その繰り返しです。
苦しみのエンドレスです。
たまに間に合わないこともあり、
おかげでパンツを大量に消費しました。
全てが終わった段階で予備のパンツは2枚を切っていましたね(笑)

今思えば不思議なんですが、
単に吐き気と下痢だけの病気じゃないですね。
最初の2日間ほどは同時に体が異常に重く、
布団から起きるのもやっという感じでした。

結局、吐いたのは合計3回で済みましたが、
下痢に至っては数え切れません。
もう際限も無く繰り返すという感じで
地獄とはこういうことを言うんだろうなあと思いました。

最初の2日間が過ぎて多少は症状も緩和されてきましたが
取りあえず、対策を立てないとこのままでは死んじゃうと思いまして
私もネット世代の端くれなので
半死半生の有様ながらパソコンを起動して
「ノロウィルス」を検索していろいろ調べました。
こんなに決死で検索したのも
北朝鮮の核実験以来でしょうか(笑)

まあ、冗談はともかく、
嘔吐と下痢で脱水症状を起こしやすいのは分かったので、
髪ボサボサ状態でフラフラと外出して
コンビニで「アクエリアス」と
カロリーメイトのゼリータイプを大量に買い込みました。
ついでにパンツも二枚買ってきました。

この「アクエリアス」は救世主となりましたね。
ホントに救われました。
ごくごく飲んで脱水症状から免れました。

カロリーメイトの方はあまり食べませんでした。
食欲も無いし、それ以前の問題として
何か食べると吐きそうなので恐かったからです。

実際、発症2日目に吐いた時に
トイレに駆け込むのが間に合わず布団を汚してしまいました。
このため掛け布団と毛布が使えなくなり、
冬場の寒い時期なので苦労しました。

よくネットやテレビの解説ニュースなどで
吐物や汚物の付着した布団は
きれいに洗濯するまでは絶対に使わないようにと言っていますが、
あれは家族などの同居人がいたり、
部屋が広かったりしたら可能な芸当であって、
一人暮らしの独居人の場合は難しいですよ。
半死半生状態なので洗濯などは論外だし、
布団なのでそのまま一般ゴミでポイと捨てるわけにもいかないし、
いずれ粗大ゴミで自治体に引き取ってもらうにしても
その間は部屋の中なりベランダなりに汚れた布団を置いておくしかない。
まさに貧乏人のノロだくさんという感じです(笑)

一応、友人などにSOSすることも考えましたが、
万が一、感染させたら失礼ですから
やはり一人で苦闘せざるをえませんでした。

結局、症状自体が完治したのが5日目ぐらいでしょうか。
下痢も全く起きなくなりました。
私の場合、発症日前に風邪をひいて体力が落ちていたこともあり、
それが症状を長引かせたものと思われます。
通常は2日程度で治るそうですね。

ただし、ウィルス自体は
治ってからも1週間から10日程度は体内に残留しつづけ、
通常の排泄の際に外に出されるそうです。
ですから、年末年始の酒席のお誘いは
これを口実に全て断ろうと思っています。

激闘の5日間で体重は5キロ落ちました。
6日目に近所を散歩したところ、
わずかな道のりなのに体が重くてしょうがありませんでした。
そうとう体力が落ちてしまったみたいですね。

あと、ノロウィルスに罹った人には
ノロに対する「抗体」が体内に出来上がりますが、
こいつの有効期限をネットで調べてても諸説紛々ですね。
ざっと最低半年~1年半ぐらいでしょうか。
そんなにカッチリした抗体でなく、
ある程度、時期が経ってしまうと
また感染する可能性があるようです
ただし、少なくとも自分の吐いたゲロで
また自分が感染するような馬鹿馬鹿しいことはないようです(笑)

以上、ノロウィルス体験記でした。
小汚い話しですいません m(__)m

・・で、明日からブログは正常運行再開です。






このページのトップへ

シリコンで命拾いした女性と中国の小中学生詐欺・・笑ネタを2つ

ブラックな笑ニュースを2つ。


ロケット弾で負傷のイスラエル人女性、
  胸のシリコンで命拾い

 イスラエルと
 レバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラとの戦闘中に、
 ヒズボラのロケット弾でけがを負ったイスラエル人女性(24)が、
 胸に埋め込まれたシリコンのお陰で
 命拾いをしていたことが分かった。
 イスラエル北部のナハリヤ病院のスポークスマンが
 15日明らかにした。
 
 医師らが胸のシリコンに
 爆弾の破片が埋まっているのを発見したが、
 女性の心臓から数センチと離れていない場所だったという。
 女性はすでに退院している。

   (世界日報)


70人の小中学生詐欺に遭う

 河南省の12歳から15歳の小中学生70人が、
 中学校の女性教師の勧めで
 寧波市に集団アルバイトに出かけ騙された。
 この女性教師は、寧波市の親戚が夏休み中、
 工場でのアルバイトを募集していると生徒と父兄たちに持ちかけた。
 一日8時間でひと月750元の給料、
 食費と住まいは準備されると言う条件で満18歳の生徒を募集した。
 貧しい家庭が多いため父兄も生徒も喜んで募集に応じ、
 7,8人の大人を含む84人が募集に応じた。
 しかし実際は12歳から15歳の子供たちで未成年だった。

 寧波市の仕事は説明されていた内容と大いに異なり、
 毎日16時間の葡萄の収穫の仕事だった。
 余りにも過酷な生活で、
 逃げ出した子供が警察に保護され実態が明らかになった。
 当地の公安、教育、労働部門が10日、
 現地に赴き子供たちを保護し帰宅させた。
 警察は、詐欺にかかわった女性教師の行方を捜査している。
 
   (中国特快)


シリコンもすごい話ですが、
この中国の女性教師も凄いやつです。

  河南省の12歳から15歳の小中学生70人が、
  中学校の女性教師の勧めで
  寧波市に集団アルバイトに出かけ騙された。

出だしからしてリアルなインパクトがありますね(笑)




このページのトップへ

産経がブログとRSSの新サイト立ち上げ・・名物記者のブログも

産経が「新聞2.0」 ニュースとブログの統合サイト

 産経新聞グループでネット事業を展開する産経デジタルは6月15日、
 ニュースとブログホスティングサービス、
 ユーザー参加型辞書などを統合した新サイト、
 「iza!」(イザ!)β版の運用を始めた。
 ニュースを一方的に流す従来のモデルから脱却し、
 ユーザーが意見を書き込める双方向型サイトを目指すとしている。

 産経新聞とサンケイスポーツ、フジサンケイビジネスアイ、
 夕刊フジの紙面から記事を転載。
 記事ごとにトラックバックを受け付ける。
 「ビジネス」「エンタメ」といった、
 新聞サイトと同様の記事カテゴリーに加え、
 「事件です!」「政治も」「コラむ」など、
 親しみやすいカテゴリー名も採用した。

 現役記者約60人のブログも公開した。
 産経新聞の社内に「おでん缶」自動販売機ができた、
 といった裏話や、取材の舞台裏、
 普段の生活についてなどの記事が公開されている。
 会員なら、記者ブログにコメントできる。

 記事やブログ、イザ語はそれぞれRSS配信に対応した。
 検索エンジンには「SAGOOL」を採用。
 被リンク数を重視するGoogleのような検索エンジンと異なり、
 人の主観や興味を反映した検索結果が得られるとしている。

   (ITmedia News)


う~む、早速見に行ってきましたが、

iza(イザ!):産経新聞社

これは保守系ブログからトラバが殺到しそうな予感(笑)

嬉しいことが2つ。

産経の記事がRSSで読み取れること。
これは大きいね。
今まで大手の新聞サイトだと
朝日しかRSS対応してなかった。
RSSを通じて朝日のワケの分からん報道が拡散しかねなかった。
これは喜ばしいこと。

ちなみに各コーナーのRSSは、

◇世界の主要ニュース
 http://www.iza.ne.jp/news/world/NwCateRSS.rdf

◇政治の主要ニュース
 http://www.iza.ne.jp/news/politics/NwCateRSS.rdf

◇コラム
 http://www.iza.ne.jp/news/column/NwCateRSS.rdf


次に、記者ブログ。
産経の名物記者達のブログ。

今見ると、産経の記事だけじゃなく
独自の文章も載っかっている。

一応、紹介しときますと、

黒田 勝弘(ソウル支局長兼論説委員)

古森 義久(ワシントン駐在・編集特別委員兼論説委員)

伊藤 正(中国総局長兼論説委員)

千野 境子(論説委員長)

矢島 誠司(論説委員)

斎藤 勉(正論調査室長)

湯浅 博(論説委員)

小林 毅(論説委員)

福島 香織(中国総局)

なんとも、豪華なメンツですね~。

古森さんのブログなんかは
早速、読者と古森さんがコメント欄で対話してるし。
おお、なんか凄いですなあ。

ただし、コメントは会員登録をしないと駄目。
トラバは大丈夫だと思うけどね。

あと、産経の記者で言えば
私としては「山本秀也」さんとかも
ブログを作ってほしかったなあ。


このページのトップへ

ゲイツ、2年後に引退

ビル・ゲイツ氏2年後引退 資産の95%、基金3兆450億円
 慈善事業に専念

 ソフトウエア最大手マイクロソフトの
 ビル・ゲイツ会長(50)は15日記者会見し、
 2008年7月に経営とソフト開発の
 第一線から退くことを明らかにした。
 夫人とともに、2000年に設立した慈善団体、
 「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金」の活動に専念するという。
 
 会見によると、ゲイツ氏は会長兼相談役にとどまるが、
 会長職は非常勤になるという。
 また、これまで兼務していた製品開発責任者を意味する、
 「チーフ・ソフトウエア・アーキテクト」の肩書も、
 同日付でレイ・オジー最高技術責任者(CTO)に引き継いだ。
 
 ゲイツ会長は「マイクロソフトは業績の面でも技術の分野でも
 創業以来最も強くなっている。
 交代をするにはいいタイミングだ」と強調した。
 今後、同社は、
 スティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)を核に、
 オジーCTOとクレイグ・マンディ最高研究戦略責任者が
 支える態勢になる。

   (産経新聞)


このニュースには驚いた。
とにかくビックリした。

引退?
まだそんな歳じゃないだろう。
ね、ゲイツ君。

私はこの人にはいい印象は持ってなかった。
独占企業の大富豪。
ウィンテル連合の盟主。
ライバル企業を蹴落とし、ぶっ潰し。

ネットスケープをぶっ潰し、
アップルを蹴落とし、
数々のアイデアがマイクロソフトに吸収され、
この独占企業は世界のPCの頭脳を握り続けた。

ゲイツもそろそろ仕事に飽きてきたのね?
ビスタもそろそろ完成しそうだし、
グーグルにも追いかけられてるし、
アップルの音楽の牙城は崩せそうもないし、
IEやOEがダサいのは一目瞭然だし。

盟友のポール・アレンのように
悠々自適で好きなことに
金を散財したいと思うようになったのか?
アレンは宇宙開発事業なんかにのめり込んでるしね。

この人の人生の山場は
MS-DOSの開発、ウィン95、ブラウザ戦争の勝利、
そしてウィンXPで95系と2000系の統合を果たした時。
こんなとこかな。

ま、なにはともあれ、
一つの時代の終わりでしょ。
MS-DOS以来、突っ走ってきたからね。

総資産は500億ドル(約5兆7500億円)とのこと。
君、なんだってできるだろ?
一国を買い取るのも可能な額。
ああ、発想が生臭すぎだな。

それそうと、
週刊アスキー連載の「ゲイツ君」が今後どうなるのか、
それがとても気になるところ(笑)



このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。