短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

省庁の情報セキュリティ・・「落第」は警察・法務・外務など6省庁

数日前のニュースですが
非常に気になったので取り上げてみました。


<情報セキュリティ会議>警察など最低ランク 最高はなし

 政府の情報セキュリティ政策会議
 (議長・安倍晋三官房長官)は25日、
 中央省庁の情報管理状況を4段階で評価した調査結果を公表した。
 パソコン端末について情報管理が徹底されるべき、
 警察、外務なども含めた6省庁が最低ランクの「D」評価で、
 最高の「A」評価はゼロ。
 コンピューターに対するサイバー攻撃への
 出遅れが浮き彫りになり、
 安倍長官は全省庁に早急な対応を指示した。
 
 調査は内閣官房をはじめ
 各省庁や人事院、公正取引委員会など、
 19官庁のパソコン約46万台を対象に実施。
 今年3月時点で
 (1)ウイルス対策ソフトの導入
 (2)パソコンの情報の暗号化
 (3)ソフトの欠陥の修正ファイル適用
 など9項目の基準を満たしているかを調べた。
 
 基準を100%満たしたA評価はゼロで、
 おおむね良好な「B」評価も金融庁など3省庁にとどまった。
 基準の実施率が60~80%で
 不備の目立つ「C」評価は防衛庁や財務省など10省庁にのぼり、
 「落第」のD評価が6省庁と全体の3分の1近くを占めた。
 サーバーに関する同様の調査では
 公正取引委員会だけがA評価で、14省庁がB評価だった。
 
 一方、会議では「ウィニー」対策も協議した。
 政府は情報流出を防ぐため
 私有パソコンの職場持ち込みを原則禁止とする統一基準を設け、
 持ち込む場合は実施手順を作るよう求めている。
 しかし、25日時点で6省庁が手順を策定しないまま、
 私有パソコンを使っており、
 同会議は早急な対応を要請した。

   (毎日新聞)


「情報セキュリティ政策会議」ってのは
内閣官房内に設置された、
政府の情報セキュリティの中核を担う機関。

議長は内閣官房長官で、
国家公安委員長、防衛庁長官、総務相、経済相と
民間有識者で構成される。

民間有識者は
拓殖大学客員教授で軍事評論家の江畑謙介氏、
KDDIの小野寺正社長、NECの金杉明信社長、
慶応義塾大学の村井純教授など。

なんか、こういう額面だけ見れば
いかにも強烈でタフな
国家の情報セキュリティを担う組織のように思えるが、
やってることは初歩の初歩。
ネットセキュリティのイロハを
役人に手取り足取り教え込んでいるに過ぎない。

上記ニュースを見て笑った人も多いと思います。
情けなくて涙した人もいるかもしれません。

  (1)ウイルス対策ソフトの導入
  (2)パソコンの情報の暗号化
  (3)ソフトの欠陥の修正ファイル適用

なんでしょうか、これは?
こんなもん、当たり前だっちゅうの!

貧乏人ですら、ソースネクストの
1980円のセキュリティソフトを入れてるのに、

  (1)ウイルス対策ソフトの導入

今さら何を言ってるんでしょうか?

「情報セキュリティ政策会議」って
偉そうな名前を付けておきながら
役人相手にこんな初歩のイロハを教えてるんですから、
霞ヶ関ってどういう所なんでしょうか?

ちなみに、ニュース中の
「中央省庁の情報管理状況の調査結果」ですが、
政府のサイトからPDFでダウンロードできます。

府省庁の情報セキュリティ対策の
 実施状況に関する重点検査及び評価結果

内容はというと、
各省庁の下記項目を調査し、
A~Dの4段階評価を行ったとのこと。

<端末に関する重点検査項目>
 ◇OSのパッチ等の適用状況
 ◇主要APのパッチ等の適用状況
 ◇アンチウィルスソフトの適用状況
 ◇モバイルPCの暗号化機能の運用状況
 ◇端末の物理的対策状況

<ウェブサーバに関する重点検査項目>
 ◇OSのパッチ等の適用状況
 ◇ウェブサーバAPのパッチ等の適用状況
 ◇不正アクセス対策状況
 ◇利用者に対する権限管理等の実施状況
 ◇管理者に対する権限管理等の実施状況
 ◇データ復旧対策状況

この2つの調査のうち、
端末に関する調査結果が散々たるものでした。

ニュース中にも書いてますが
結果のランキングを詳しく載せておきますと、


 A評価(実施率100%):無し

 B評価(実施率80%~99%)
    :内閣官房・金融庁・環境省

 C評価(実施率60%~79%)
    :内閣法制局・人事院・内閣府・公正取引委員会
     防衛庁・総務省・財務省・文部科学省・
     農林水産省・経済産業省

 D評価(実施率60%未満)
    :宮内庁・警察庁・外務省・法務省・厚生労働省
     国土交通省


・・・凄いですね。

警察庁と外務省。
宮内庁と同レベルです。
環境省に負けてます。
頼むからソースネクスト入れてください。

さらに、防衛庁。
Cランクです。
とてもイージス艦を動かしてる役所とは思えません。
サイバー戦どころの騒ぎではありません。

最後に、ぶっちぎりの最下位は法務省。
端末ランクはD、サーバーのランクはCでした。
こんな役所に法律を任せていいのでしょうか?

・・・とまあ、興味のある方は
上記PDFファイルをダウンロードして
ご覧になってください。

ひたすら寒くなること請け合いです。



関連資料リンク

情報セキュリティ政策会議

政府の情報セキュリティ政策の中核、
 「情報セキュリティ政策会議」が設立





スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

害務省

外務省のコンピュターに機密文章なんて入ってないから無防備でいいのかな?
機密文章は旧態依然として、官僚のカンピュタ-にしまわれているのでは?

外務省のホームページ(在外公館含む)は手抜きがみえみえ。日本からの発信が無いばかりか、在外日本公館のリンクも不十分。コンピュターをつかいきれていない。職員に強制的に情報の更新をさせ日本の主張を諸外国に伝えるべき。外務省の意識がいまだ旧態依然と理解してます。

外務省ちゃんと仕事しろ。

  • 2006/08/01(火) 21:34:25 |
  • URL |
  • うんざりしてる日本人 #-
  • [編集]

サイトへの掲載

外務省に限らず、日本の省庁は
重要な声明や発表があった時でも
サイトに掲載するのが遅いですね。

彼等は「1日程度の遅れなら」と思うのでしょうが、
ネットで1日ってのは致命的です。

「マスコミの歪曲・誇張報道」に
役人はしばしば怒りを向けますが、
そのくせ、こういう情報の伝達に関しては
マスコミをすっ飛ばして
国民に伝えようという熱意が感じられません。

  • 2006/08/05(土) 00:50:46 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。