短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

靖国余話

余話として書きます。

今回の首相の靖国参拝を見るにつけ、ハッキリしたのは、
「中国が負けた」ということです。

次期首相に安倍氏が選ばれそうな雲行きだし、
そして、8月15日の参拝者は25万8千人、
史上最高の人手だそうで、

  首相の参拝
    +
  安倍首相の誕生
    +
  25万8千人の参拝

この3点セットで、
中国の内政干渉は封じ込められたということです。

封じ込められたばかりか、
逆に日本人のナショナリズムを煽ってしまい、
25万の参拝客を呼び寄せたわけで、
結果的に逆効果となってしまいました。

ざまあみやがれ、という感じですが、
中国政府は反日暴動の再現を恐れ、
ことをこれ以上荒立てる気はないでしょう。
日中関係が悪化すれば、より困るのは彼等の方なんですから。

私は決して小泉政治を手放しで評価する者ではありませんが、
この首相の参拝は後世においては間違いなく、
日本の国策の一つの転換点と目されるようになるでしょう。

また、去年のサッカー・アジア杯での
中国人観客の罵詈雑言から続く、
中国の反日攻勢の一つの終着点でもあります。

中国のことですから
今後もいろいろ仕掛けてくるでしょう。
彼等は日本がおとなしい子羊のままでいることを望んでますから。
決して日本が強大になることを望んでませんから。

まあ、そこらへんはお互い様ですけどね(笑)




スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

こんにちは。
私も小泉首相を手放しで賞賛するつもりはありませんが、今回の8.15参拝は大きな功績だと思います。また、北朝鮮に乗り込んで、拉致を認めさせ、曽我さんはじめ何人かの被害者の方々を帰国させたことは大いに評価すべきです。後々、名相のひとりとして語り継がれることでしょう。

小泉内閣の評価

小泉さんは当然ながら、トータルで語るには難しいお仕事をなさってきた変人なので、個別に事例を取り上げて「これは良い」「これは悪い」と是々非々で行う必要がありそうです。

中国よりもあきらめの悪い人たちが日本には沢山います。ある意味、世界中で中共に最も忠実な人たちでもあります。本当の敵はこいつらです。何せ、中共よりあきらめが悪いんですから・・・。

  • 2006/08/16(水) 20:11:50 |
  • URL |
  • クマのプータロー #-
  • [編集]

今回の決断は大いに良し!

> おしょう殿

私は首相の外交姿勢に関しては
どちらかというと辛口なんですよ。
経済政策に関しては、正直、まだ見えないですね。

ただ、靖国の参拝に関しては
中国の内政干渉をはじいたという意味で
すごく意味のあることだと思います。
今までは閣僚などでも
中韓に対して強硬な発言をしようものなら、
たちまち朝日あたりが騒ぎ出して大臣の首が飛んでましたからね。

マスコミが、やいのやいのと騒ぐ中で
よくぞ貫いたと思いますよ。


> クマのプータロー殿

中国もある意味では国益に忠実に行動してるわけで、
結果的にはともかく、一応、愛国者が外交をやってるんでしょう。

私が一番嫌いなのは
「獅子身中の虫」と「御注進の輩」です。
これが一番嫌いです。

  • 2006/08/17(木) 00:25:02 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。