短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

中国政府「マナー向上」キャンペーン・・失われた道徳

吐くな捨てるな叫ぶな! 五輪へ「礼儀・中国」作戦

 2008年8月の北京五輪に向けて、
 中国政府は「マナー向上」キャンペーンを本格化させた。
 国営新華社通信などによると、
 党中央精神文明建設指導委員会はキャンペーンを指示する通知の中で、
 「礼儀の国のイメージが損なわれている」と現状に危機感を示し、
 「旅行先で大声で騒ぐ」「たんを吐く」などの
 「非文明行動」の撲滅を目指している。
 
 「中国公民旅遊文明素質行動」と題された通知は、
 礼儀を知らず、秩序や法を守らず、
 環境保護を守らない非文明的な一部の(中国人)観光客が
 海外から批判されている、と指摘。
 そのうえで、「良好な国際イメージを
 確立することが急務だ」としている。
 
 撲滅の対象となっているのは、
 ▽レストランなど公共の場で大声で騒ぐ
 ▽たんを吐く
 ▽どこでもごみを捨てる
 ▽電車、バスで降りる人を押しのけて乗り込む
 ▽列に並ばない
 など。
 テーマパークや公園で
 子供に小便をさせるなどの行動も批判されている。
 キャンペーンは、観光、公安、商務、建設、鉄道、
 交通など関係部門が、今月から3年間継続実施する。
 
 北京では五輪をにらみ、
 「文明礼儀」に関したパンフレットを作成。
 上海でも10年の上海万博を視野に入れ、
 「100万人家庭礼儀学習」と題するマナー向上運動を始めている。
 
 中央政府は道徳心を高め、
 文明的な国家建設の意義を強調しているが、
 「個人主義」「拝金主義」の広がりで、
 どこまで効果が上がるか注目されている。

   (iza!)


17日あたりから
中国政府が「旅行客のマナー向上」を呼びかけていると聞いて
「何を今さら言っとるんじゃ」と思ってましたが、

中国当局、旅行者のマナー向上に乗り出す

なんか堂々たるキャンペーンになってきましたね。

  「党中央精神文明建設指導委員会」

  「中国公民旅遊文明素質行動」

  「100万人家庭礼儀学習」

この文言自体が非常に中共らしくていいです(笑)

ちなみに以下を「六大非文明現象」と規定するそうです。

 1,旅行先で大声で騒ぐ

 2,たんを吐く

 3,所構わずごみを捨てる

 4,列に並ばない

 5,落書きをする

 6,だらしない身なりをする

こういうのを見てると
「君らは最悪だな」と思えてしまうんですが (^_^;)

プライドの高い中共が
こういうキャンペーンを大々的に行って
傘下の報道機関からニュースをガンガン流す。
よっぽど内外から苦情が相次いでるんでしょうね。

中共政府もこの種の自国民には
よっぽど手を焼いてるのか、
とうとうマナーの悪い中国人観光客は
旅行代理店と観光ガイドに責任を取らせると表明しました。


中国、行儀の悪い観光客は旅行代理店の責任

 中国政府は、マナーの悪い中国人観光客について、
 旅行代理店と観光ガイドに責任を取らせる方針を明らかにした。
 中国人観光客は行儀が悪く、不潔、
 また公共の場で悪態をつくなどとして、
 国内外から苦情が急増しているため。
 25日付の新京報が報じた。
 
 近年、中国では経済の急成長とともに、
 お金に余裕のできた多くの人が海外旅行を楽しむようになった。
 そのほとんどが海外旅行初体験組で、
 人気の渡航先はタイやマレーシア、韓国となっている。
 
 中国人観光客の行儀の悪さは、
 東南アジアや中国の新聞でしばしば報道されており、
 それらは、飛行機の遅延に抗議して
 機内から降りることを拒否したり、
 公園でのポイ捨てやホテルの部屋でつばを吐くなど、さまざま。
 
 新京報によると、
 「中国政府観光局は、旅行代理店に、
 観光客に対する教育・指導責任を負うよう要請している」という。
 また、この責任を履行しなかったり、
 悪評を受け続けた旅行代理店などには、
 罰金などの懲罰のほか、改善命令が下されるもよう。
 
 これまでに100以上の旅行代理店が、
 中国人観光客の無作法な行為に
 「宣戦布告」することに同意し署名をしているという。

   (ロイター)


実際、普通に生活していて
中国人のモラルの悪さはあちこちから聞こえてくる。

電車の中でもの凄い大声で喋っている中国人団体を
何度も見かけたことがあるし、
某有名薬局に勤めている友人から
「中国人客のマナーは最低」と聞いてるし。

まあ、真面目な話しをするとすれば、
いかなる倫理体系でこの国が成り立っているか?
と言うことでしょう。

人は禽獣にあらず。
であるが故に、国家に何らかの倫理の心棒は必要であり、
この国には長らく儒教という公認の道徳が存在した。

しかし、共産党による統治と文革により、
過去の倫理・道徳を一旦破壊しまくった。
それが今になって自国民のモラルの低さに頭を抱えている。

近年、中国政府は「儒教の復活」に熱心だけど、
それは彼等がこの問題の根の深さを
深刻に捉えているからでしょう。
「我が国にはモラルの心棒が存在しない」と。

中国:儒教の復活と孔子ブランド

これはどの国家にとっても深刻な命題だけど、
文革による旧来からの道徳の破壊と、
唯物主義を建前とする国家理念を奉ずる中共にとっては
国の存亡にかかわる問題だと思うよ。

こういう問題を見てると
この国には「世界の覇者」たる資格はないね。
自国民のモラルすら保ち得ない国に
世界秩序の安寧を任せるなど無理な話。

中国の息せき切った強引なまでの覇権拡張と
詐術と権謀に満ちた外交態度を見ていると、
この国の個々の人民のモラルの低さとだぶってしまう。
所詮、その国の政治とは、その国の民度の反映だし。

人は禽獣にあらず。
であるが故に、国家に何らかの倫理の心棒は必要。
これは古今東西の普遍的なテーマでしょう。

 

関連資料リンク

評論:中国人の海外でのイメージを向上するには







スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

いつも愉しく拝読させていただいております(礼)。

さて、国営新華社通信などの関係者は、中共から命を狙われるようなことはないのでしょうか。他人事ながら心配になります。
なにしろ、自国の恥を公表したわけですから(爆笑)…。

  • 2006/08/27(日) 19:53:38 |
  • URL |
  • おしょう #-
  • [編集]

提灯持ち記事ですから大丈夫

> いつも愉しく拝読させていただいております

いえいえ、こちらこそ m(__)m

> 中共から命を狙われるようなことは

いや、これはもろに政権主導のキャンペーンなので
それは大丈夫です。

マナー・ルールの部分なので
内部の政争絡みのキャンペーンでも無さそうだし。
「江派打倒」とかの絡みは無さそうですね。

  • 2006/08/28(月) 07:19:49 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

オリンピックのもたらすもの

日本で東京オリンピックの開かれる2年くらい前から、風紀向上と称して午前0時以降の飲食店の営業が有無を言わさず取り締まられたそうです。
当時の日本でそのような営業形態をとるのは屋台を引いてのおでん屋さんとか、ラーメン屋さんとか・・・なので、そのころから日本の風景が少しずつ変わっていったというようなことを父から聞きました。
当時、静岡も日本一の規模を誇る屋台街があったのですが、すべておでん街に収まりました。

今の中共も同じ事をしていると思いますが、いかんせん、40年以上前の日本より倫理観が極端に低く、今からやる効果があるのかどうか・・・。

かつての漢民族は中華思想があったとしても外から来る「イテキ」と呼ばれる人たちを丁重にもてなして尊敬させることが出来ました。今の中共は自分たちがどう見られているかにあまりに無頓着です。日本のような無頓着さなら世界中平和なのですが、中共のような・・・だと、世界中から争いがなくならないのも合点がいきます。

  • 2006/08/28(月) 09:57:22 |
  • URL |
  • クマのプータロー #-
  • [編集]

中国の人々

70年台初頭、私が始めて海外駐在した頃、日本人の渡航者は40万程度でしたが、その後円高もあり第一次海外旅行ブームになった時、農協のおじさん、おばさんの行儀が問題にされた事がありましたが、この中国ほどではありませんでした。 さすがに、、

こちらタイへの観光客は日本人がほぼ100万人、中国は急増していて統計によると20万人を超えたとあります。  ところが不思議な事に
2-3度街中で上海語や広東語聞いたくらいで
会った事ないですね中国人、一般的なタイ人でも同じかと思います。
どこ行ってるんかな中国の友人たちはと思ってましたが、今回の記事で納得しました。彼らは
隔離と言うか囲い込みの状態なんだと思われます。 中国の旅社とタイの旅行社が示し合わせて、中国人御用達というか専門のホテルレストラン、バス、訪問地を決めて、それ以外はバスから出さない方針だとすれば全然居ないのも納得が行く話です。  知らないのは当の観光客だけなんでしょう。

閑居堂 小善

暴れ高校の修学旅行状態

> クマのプータロー殿

> 今の中共は自分たちがどう見られているかにあまりに無頓着です

ここらへんは米国とも共通してますね。
無神経さというか、ふてぶてしさというか。

しかし、米国との違いは
その国家理念が他者から見て魅力があるか否かでしょうね。
あるいは国際秩序を基盤となるうる理念を有してるか否か。

ここらへんが米国と中国の違いであり、
その意味では米国は「覇者たる資格」を有してますが、
中国にはその資格が無い。

今、周辺諸国が中国になびいてますが
これも軍事力と金でしょう。
決して中共の国家理念に賛同しているわけではない。


> kankyodo殿

> 彼らは
> 隔離と言うか囲い込みの状態なんだと思われます。

なるほど。

確かにツアー会社も
もめ事を起こされるよりは、そっちの方がいいでしょうね。
責任を取らされるのは自分たちですから。

なんか、問題高校の修学旅行状態ですね (^_^;)
最近はその手の高校は普通に観光にはいかずに、
新潟や長野のリゾート地で
スキーをやらせるのが増えてるそうですね。

山奥だから隔離されてて管理しやすいし、
スキーでへとへとにしておいて
暴れる元気も無くしてしまう(笑)

  • 2006/08/29(火) 04:02:43 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

団体旅行

昔台湾駐在の頃、たまたま台湾人の海外ツアーでフィリピンに行った事がありました。 総勢20数名の中で日本人は私と家内だけ、その前にもフィリピンは訪ねており、旧日本軍への
評価は知っておりましたが、中国語ガイドさんのどこに行っても過激な日本批判にはニヤニヤするばかり、同行の台湾人は我々二人が日本人だと知ってましたから。少しハラハラしたかもしれません。 他民族にまぎれてツアーなんかに加わると、以外な日本人評に接します。 これが日本人だけのツアーで上海やモスクワ、ワルシャワなんかに行くと全く別の話を聞かされてしまいます。 まーヨイショばっかりでしたネ。あの当時は、、

閑居堂 小善

ガイドさんも

ガイドさんも商売ですから
団体のカラーにあった話しをするんでしょうね。

> 他民族にまぎれてツアーなんかに加わると、
> 以外な日本人評に接します。 

それはそれで聞いていて面白いかも。

  • 2006/08/31(木) 01:43:42 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。