短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

今日の収集ニュース達・・2006/09/16

独中首相会談:メルケル独首相、中国人権問題を再提起

 メルケルは毅然としてるね。
 前任のシュレーダーと大違い。

 日本の首相や閣僚がいつになったら
 胡錦涛や温家宝に

   貴国の人権の現状に非常に憂慮している

 と言えるようになるんだろうか?


日本の食品に相次ぎ不合格 茶葉などから基準超す添加物

   日本は5月29日に
   食品の残留農薬の基準を厳しくした新規制を施行。
   中国からの輸入農産物で、基準値を超える例が相次ぎ、
   大きな影響が出ている。
   このため、中国側は
   輸出入の検疫体制を強化しているとみられる。

 理由はそれだけか?
 
 報復の意味がないのかね?
 この記事を書いた記者は相当の甘ちゃん。


【緯度経度】ソウル・黒田勝弘 好ましい韓中歴史紛争

   盧武鉉政権は“自主”が大好きだが、
   中国からの“自主”も今後の大きな課題だ。
   歴史的には日本のおかげ(日清戦争)で
   初めて中国からの“自主”を得たという経験はあるが、
   反米、反日をやりながら対中自主ができるのかどうか、
   これは盧武鉉政権の歴史的実験として見ものである。

 黒田さん、相変わらず皮肉たっぷりです(笑)

 自主なんて、結局は国力次第。
 大国であれば自主は簡単だが、
 韓国程度の国力レベルだと、
 周辺諸国の力関係を巧みに操る外交努力が必要。

 盧武鉉政権は「自主原理教」だから、
 そこらへんの技芸は期待できそうもない。


米軍の電子レンジ兵器
 アメリカ国内で一般市民に対する試験利用を検討

 一部で話題となっている「電子レンジ兵器」。
 
 電子レンジのようにマイクロ波を照出して、
 半径800メートル以内の敵に
 耐え難い苦痛を与えるという兵器。

 殺傷というより、制圧主体の兵器だな。


国会議員SHINJO誕生!?
 自民関係者が打診、藤原紀香も?

 ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

 自民党のレベルは新庄並ということですか。


SBCT関係論文翻訳:
 ヒズボラの対戦車ミサイルによる歩兵支援

 これは面白かった。

 先日のレバノン紛争での
 ヒズボラの対イスラエル軍戦術の解説。


<その他の収集ニュース>

中国政府も困惑する中国貿易黒字の拡大ペース

中国が兵器供給源と批判 対イラン、北朝鮮で米高官

台北デモ32万人に 陳総統辞任圧力強め今日も開催

盧大統領、北追加制裁に反対表明 米韓の溝拡大

日本は米国より先に対北制裁を行うだろう

首脳会談前の対北制裁自制要請、米が事実上拒否

北朝鮮の食糧不足量は今年80万トン、WFP見解

安倍氏の歴史認識を警戒=韓国大統領

異カースト間の結婚に奨励金 差別解消へ政府検討 インド

やっぱり信心深い米国人~宗教は自己形成の土台
 大学調査から

ドイツ経済界、戦々恐々
 中東最大の輸出先 制裁発動で大打撃

アフリカ連合:ソマリアに平和維持部隊派遣の方針

少年兵、世界に80万人=途上国の教育・職業訓練強化を

北関連口座凍結へ 米と連携 19日にも閣議決定

メガバンク空前の利益 これは「金利談合」だ

小学校教師職場確保のため離婚





スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

非同盟諸国会議

非同盟諸国会議が反米独裁国家の主導で決議文を出してきました。

富の適正な再配分という観点から言えば、彼らの主張は尤もですが、適正水準かどうかはなお議論の余地があり、一方的な決議文の押し付け合いは生産的ではありません。が、今すぐ話し合いが可能かと言えば、そうでもありません。

非同盟諸国も「持つ国」と「持たざる国」とに分ければ「持たざる国」が多く、非同盟諸国間で富の再配分があっても良いのではないかと思わないでもないですが、「持たざる国」に最も良い条件で援助してくれるのは残念ながら「先進国」であるということは、「持たざる国」が最も良く知っているようで「持つ国」からの富の再配分が実現することはないと思われます。

「持たざる国」の代表はどんな思惑でこの決議を採択したのでしょう・・・。採択に当たり揉めた様子がなさそうなので気になります。

  • 2006/09/17(日) 09:23:04 |
  • URL |
  • クマのプータロー #-
  • [編集]

急進派VS穏健派

この件、いずれ「チャベスウオッチ」の
9月号で書くつもりでしたが、
会議の主導権を握ったのは反米急進派諸国でしたが、
少数の急進派と多数の穏健派に分裂気味だったようですね。
なんだか、日本のサイレントマジョリティみたいですけど。

日本の大手メディアはあまりそういうことを伝えず、
声が大きいベネズエラやイラン・北朝鮮の
主張ばかりを載せてましたが。

以下のニュースをご覧ください。

http://www.usfl.com/Daily/News/06/09/0918_008.asp

一部引用しておきますと、

 冷戦下の1979年に
 ハバナで開かれた非同盟諸国の首脳会議では、
 東西対立の融和を促すという当時の主流派に対し、
 カストロ議長ら少数派が反米路線を声高に主張、
 会議を席巻した。
 27年後の今回、チャベス氏やアハマディネジャド氏が
 この役割を担い、会議をリードした。

 このため、フィリピンやインド、パキスタンなど
 米国と比較的良好な関係を保つ穏健派加盟国にとっては
 居心地の悪い会議となり、
 会議宣言や総括文書などの文言についても
 「反米色」を和らげるために腐心した。
 前議長国マレーシアのアブドラ首相も16日の記者会見で
 「非同盟諸国会議は特定のいかなる国にも
 反対する組織ではない」と不快感を示した。


日本のニュースで言われてるほど、
チャベスらが全てを仕切って団結したわけではなさそうですね。

  • 2006/09/19(火) 08:12:15 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。