短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

中国の報道規制、この時期に何故?・・内部で何が進行中なのか

中国が新たなメディア規制 外国通信社の配信、新華社管理下へ

 中国国営新華社通信は10日、国務院(内閣)の決定に従って、
 外国通信社の中国国内における配信を新華社管理下に置き、
 配信内容に制限をもうけることを定めた、
 「外国通信社中国国内配信記事管理弁法」を発布。
 同日から施行された。
 
 同法では、外国通信社やそれに類するニュース配信機関が
 国内ユーザーと契約する場合、
 新華社系代理店を通すことを義務付けた。
 
 また配信記事、写真、図表について、
 国家統一や主権領土の完全性を損なう、
 国家の安全、栄誉を損なう、
 中国の宗教政策に反した邪教、迷信の宣伝、
 民族団結や民族感情を損なう、
 経済、社会秩序を乱す、
 中国伝統文化を損なう、
 などの10項目の内容を禁止。
 これに違反すれば、警告ののち、
 通信社の資格を取り消す場合もあるとしている。
 国内メディアが外国通信社記事を使用する場合も
 同様の規制が設けられた。

   (iza!)


この一件は多くのブログが取り上げているので
今さらうちがどうこうもないなあ、と思ってたんですが、
結局、取り上げました。

この規制の内容に関しては
産経の福島記者のブログが一番詳しいですね。
ここを見れば余所を見る必要がないかもしれない(笑)

北京趣聞博客:中国報道のあした4

あと、条文それ自体はこっちに全部載ってます。

中国:新華社発表『外国通信社の中国領土における
 報道情報についての管理法令』



私がこのニュースを見ててよく分からなかったのが、
何故、このタイミングに?ってこと。

まあ、いろいろな背景は各ブログ・メルマガで解説してたが、
北京五輪を控えた今、ちょっと時期が悪すぎでないかい?

ただでさえ、やれ「言論の自由が無い」だの、
やれ「独裁政党の統制国家」などと、
さんざん本当のことを書かれまくって、
西側諸国ではイメージが悪い中国なのに、
オリンピック前にこれをやっちゃあ、評判悪化は必死でしょ。
ここらへんが私としてはいまいち腑に落ちなかった。

さらに、これに連打するように、
こういうニュースも飛び込んできた。

「有害」サイト閉鎖続々 中国、「ネット環境浄化月間」で

何が彼らをそう焦らせているのか?

中国政府とて馬鹿ではない。
こういうことをやった場合の
国際的なマイナスがどの程度であるか、
分からんほど愚かではないでしょう。
ましてやオリンピック前の微妙な時期に。

つまり、胡錦涛政権が合理的発想のもとに
この施策を実行したと仮定するなら、
これによって生じるマイナスを打ち消すだけのプラスがあるから
彼らはこの措置を取ったんでしょうね。
では、そのプラスとは何だ?
果たして中国共産党の思惑は如何に?

そう思う私のもとに、
このメルマガの記事が飛び込んできた。

国際戦略コラム:中国の不良債権処理

中国の土地バブル崩壊が近いため、
中国政府が報道を制限し始めているとの論考です。

なるほど!
単に報道を規制するというだけではなく、
この時期において隠したいことが生じたから、
彼らは急に上記のような措置を取ったというわけか。

土地バブル崩壊以外に考えられるのは、

1,権力層内部で何らかの政変が近い

2,中国内陸部の農民暴動が
  一層激しさを増して危機的状態になっている

こんなとこでしょうか。

まあ、なんだかんだ言いつつ
論証不能の仮説に過ぎないけど、
私は、新華社が仲介料をはねたいとか、
単に中国政府が報道を規制したいとか、
それだけだと上記の措置は正直納得がいかないんですよ。

この時期に何故?
それは、中国内部で隠したいことが進行中なんでしょうね。



メルマガ:国際戦略コラム







スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

1と思います

2はいまさら世界はおどろかないでしょう。
1とおもうのですが。。中南海のAkiさんもそのような意見です。

ところでゾクゾクする映像見れますよ。-もう知ってるかも。今見たら眠れないかも
http://blog.goo.ne.jp/realchina/e/54418d26ec644a62726591689e416296

  • 2006/09/19(火) 01:03:00 |
  • URL |
  • ジャポネーズ #-
  • [編集]

経済情報の遮断

私はやはり国際戦略コラムさんの
「バブル崩壊近し」が原因ではないかと。

あの通信社報道の規制にしても
産経の福島記者のブログにも書いてましたが、
ロイターやブルームバーグの経済情報を狙い撃ちしてるようで、
中国国内と外国の経済情報の行き来をシャットアウトするのが
中国政府の意図のように思います。

> ところでゾクゾクする映像見れますよ。

おおっ!
これは凄いですね。
映像も凄いけど、このブログ自体が凄いなあ。

早速、RSSリーダーに登録しておきます m(__)m

  • 2006/09/19(火) 08:30:38 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

バブル崩壊近しが本当かどうかは別にして、中国のすべての株、不動産、為替などが外国の情報で動いているという事実に、当局は非常に危機感をいだいていると思います。つまり、ロイターが、上海土地バブルがあぶない!と打てば本当にバブルが崩壊してしまうんですね。

  • 2006/09/19(火) 12:05:41 |
  • URL |
  • 福島香織 #ZAqznRFs
  • [編集]

経済の線が濃いですね

なるほど。
けっこう、この経済の線は要注目ですね。

もちろん中国政府も
この措置を単一の目的のために行うわけではないでしょう。
複数の目的があると思いますし、
複数のメリットと複数のデメリットの総合勘案の上の
決断だったと思います。

本目的:経済情報の遮断
支目的:一般的な意味での言論統制、新華社の利権確保

こんなとこでしょうか。

  • 2006/09/19(火) 23:31:20 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。