短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

発言明晰「ローゼン閣下」麻生氏の演説・・太郎 in 浅草

いやあ、安倍総裁が決定しましたね~。
これで安倍氏の首相へのレールが引かれたわけで
国家の慶事だと思います。
めでたし、めでたし。

さて、もう一人忘れてはならない人物がいます。
二位に終わった麻生氏ですが、
このところ主にネット上で人気が爆発していますね。

しかも漫画好き・アニメ好きということで
アキバ方面での人気は圧倒的です。
「ローゼン麻生閣下」などと呼ばれています(笑)

私の愛読メルマガ「甦れ美しい日本」の84号に
この総裁選での麻生氏の選挙演説風景が載ってました。
場所は浅草です。
とても興味深かったので引用しておきます。


 いきなり
 「新門辰五郎って知ってるかた手を上げて!」で始まり
 雷門といえばこの人物、
 勝海舟が辰五郎に頼んで
 腕っ節の良い任侠を集めたから歴史の紐を梳き始める。
 太郎さんは演説の場所に相応しい話題を
 事前に周到に用意しているのである。

 さらに浅草っ子を立てて、
 「昔、山手線の駅を浅草にとの話があったが、
 浅草のかたがたはこれを断った。
 不便もあったろうが、いまやあの個性のないJRの駅前の開発とは
 一味違う昔を保っているのだ。」
 日本人はこの浅草のように、
 新しいものはITなどどんどん取り入れ、
 一方では保守するものはかたくなに守っていると、
 浅草を持ち上げるこの旨さ。
 取り巻いた観衆は40分あまり微動だにせず熱中。

 ところどころに政治哲学を組み入れる。
 たとえば財政再建は重要だが、今その時期ではない。
 かって1998年大蔵省など役人の意見を取り入れて
 消費税を上げ増税合計9兆円と目論んだが
 結果はマイナス2兆円と具体例を出しながら、
 政治家の役割はやるべきことをそういった役人やらの
 意見を振り切って正しく見渡すことなのだと、
 尾崎顎堂流の政治家の本質も鏤めているのである。

 とにかく太郎さんは明るく健康的であり
 暗さや陰謀めいたところが一切ない。
 「お札は拝むものではなくて使うもの、
 そして天下の回り物となる。」
 昔のがめつい奴のお鹿婆さんを連想させようとしているのか、
 「嫁に内緒で箪笥の横の暗がりで
 預金通帳を眺めてニヤッとしてるのは駄目」と観衆を沸かせる。
 とにかく明るい。

 「年金などお年寄りが心配しているが
 30年先にあなたがたは居ないでしょ?
 困るのはここにいる鳩山(邦夫)さんの世代の後」と
 あっけかんと憎めない。

 身振り手振り、語彙を引き伸ばした独特の口調で、
 しかも内容は小泉さんのようなワンフレーズではなく
 内容があって面白い。
 歴史も政治の内容もいい加減ではなく、
 ちゃんと勉強しているのである。

 「ITインフラさえきっちり地方に整備したら、
 若者は田舎を去ってもお年寄りだけで
 田舎にいてもできることがある、
 とにかく65を超えたお年寄りが
 どんどん働けるような社会にしよう。
 知ってる?アルツハイマーなど65歳以上で働けない人の割合。
 たった15%で85%は元気溌剌なんですよ!」

 さらに神戸の心身障害者が活躍している会社を例に挙げ、
 「この人たちが厚生省と面談したとき、
 頼んだ言葉が補助金くださいではなく仕事を下さい、
 これは厚生省始まって以来だと」
 多少脚色もあるだろうが
 政治家の言葉としてどれだけ勇気を与えるか!



彼の演説の小気味よさが伝わってくるようです。

確かにテレビなんかで3氏の発言を比較して聞いても
言葉の明晰さ、言葉遣いのうまさは
麻生氏がダントツだったように思います。

この人、ただの総裁選の敗者にしておくには
惜しいキャラです。
新政権でも重職に当てるなどして
それなりの処遇を願います。

「ローゼン閣下」には
外相留任がベストだと思いますね。



甦れ美しい日本






スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。