短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ロシア:過激「反日報道」とプーチン政権の思惑・・対露外交の譲歩論と原則論

神戸のロシア人女性殺害 露政府系メディア 過激報道
 
 神戸市内で先月16日夜、日本人の男(47)が
 ロシア人女性を刺殺して自殺を図った事件について、
 同日未明に発生した北海道根室沖の
 カニ漁船銃撃・拿捕事件の「復讐」とする報道が、
 ロシアの親政府系メディアを中心に相次いでいる。
 神戸の事件は男女関係のもつれが原因で、
 北方領土問題もからむ拿捕事件とは全く別の事件。
 時系列的にも無理のある話で、
 専門家からは「事実誤認の報道については
 政府が毅然と抗議すべきだ」との声も上がっている。

 先月19日のロシアの人気タブロイド誌、
 「コムサモーリスカヤ・プラウダ」によれば、
 「日本人は密漁者殺害でわれわれに復讐したのか?」との見出しで、
 「国際政治には、確かに『目には目を』の原則は存在する。
 スパイ疑惑の場合の外交官追放の応酬がそうだ。
 しかし、殺害するのは『国民的』復讐としても行きすぎだ」と報道。

 これに先立ち18日の日刊紙「ノーヴィエ・イズベスチャ」は、
 神戸の事件は「拿捕事件に続き、
 露日間の外交スキャンダルを刺激」と指摘している。

 その後も多くの新聞が神戸で殺害された女性が、
 子供のころ、プロのバレリーナを目指し、
 日本で稼いだ金でダンススクールを開くのが夢だったことや
 実家に仕送りしていたこと、
 「日本は安全と聞かされていた」と泣き崩れる、
 両親のインタビュー記事などを大きく紹介している。

 神戸の事件は先月16日午後11時半ごろ発生。
 三宮のキャバレーで働く、
 ロシア出身のシェリパーナヴァ・アナスターシャさん(22)が、
 付き合いのあった客の男にサバイバルナイフで刺され死亡した。
 男はその後、ナイフで腹を刺して、
 自殺を図ろうとし、病院で治療を受けている。

 一方、ロシア国境警備艇がカニ漁船を銃撃し、
 乗組員が死亡した事件は同日早朝(日本時間)に発生。
 2つの事件は全く無関係だが、
 現地のメディアは神戸の事件を「サムライ」「ハラキリ」
 などの表現を使ってセンセーショナルに取り上げる一方で、
 拿捕事件についてはほとんど取り上げていないという。

 イタル・タス通信のワシーリー・ゴロブニン東京支局長は
 「神戸事件は、日本ではさほど話題にならなかったが、
 ショッキングな殺害方法で、
 ロシアでは非常に大きなニュースになっている。
 日本人と同じ時期にロシア人も殺されており、
 露日関係に否定的な影響を与えている」と話している。

 ロシアの主要メディアでは、
 2008年春の大統領選挙に向け、
 カギを握るメディアへの統制強化が色濃く反映し、
 政権のメディア支配が進んでいる。

 今回の報道でも、昨年6月に買収され、
 独立系メディアから
 政権傘下の国有メディアに変わったイズベスチヤ紙をはじめ、
 親政府系メディアを中心に、
 神戸事件をセンセーショナルに取り上げた。
 一方で、拿捕事件の報道は、早々に沈静化していた。

 起訴休職中の外務事務官、佐藤優さんは、
 ロシアのメディア報道の傾向について、
 「ソ連時代から、メディアの方から
 政権に自発的に迎合してきた」として、
 今回の神戸事件報道も、
 「プーチン政権の意向を反映したものだ」と分析する。

   (産経新聞)


今、ロシアは中国と親密な関係にあり、
メディア統制に成功したプーチン政権は
極力、反中的な報道を押さえ込んでいます

特に露中間の最大の長期的懸案事項である、
極東地方における不法中国人移民の急増に関しては、
むしろ数年前の方が警鐘を鳴らす報道が多かったほどで、
最近はかなり政権側に押さえ込まれてます。

で、こういうロシアのマスコミ事情を勘案しつつ、
上記ニュースを見てみると、
このロシア・マスコミの反日報道ぶりは
プーチン政権があえて黙認していると解釈すべきでしょう。
「やらしとけ」って感じなんでしょうね。
日本から拿捕漁船銃撃の件で非難されていることの
報復の意味合いもあるでしょう。

先日の「サハリン2」での
ロシア政府による一方的な事業停止措置もそうですが、

ロシア強硬策「サハリン2」事業停止へ
 ・・「生産分与契約」と国家の信義

どうも昨今のプーチン政権は
「日本に対して配慮しよう」という発想が皆無のようです。

これは、配慮しようが配慮しまいが
日本のロシアに対する姿勢に変化はない、
強攻策に転じるわけでもなく、報復されるわけでもない。
であるならば日本なんかに配慮しなくても全然問題なし、
という発想でしょう。
まあ、ハッキリいえば日本がなめられているわけですね。


さて、ここで日露関係全般に話しを転じますが、
最近、ロシアは中国と緊密な同盟関係にあります。
この状況において、
日本も反中包囲網と露中間の離間の観点から、
もっとロシアに働きかけるべきだとの意見があります。

確かに日本の仮想敵を中国だと見なすならば、
ロシアをこの同盟関係から脱落させて
自陣営に引きずり込もうという発想はもっともでしょう。

有名な学者や評論家・著述家など、
ここまでは誰もが意見は一致するのですが、
問題はここからですね。
では、どうやってロシアを釣るべきか?

ここで意見が分かれるのが「北方領土」の存在です。
北方領土問題での日本の譲歩を餌にして
ロシアを釣ろうという意見と、
「いやいや、国家主権は譲れない」という意見と
真っ二つに分かれます。
譲歩論と原則論の対立です。

譲歩論者は反論するわけです。
「じゃあどうやって日露の接近を図るのか?
その手だてを考えるべきだ」と。

私はこの二つの意見の対立をどう見ているかというと、
「どっちもどっちだ」というのが感想です。
原則論者は戦略性が無いし、
譲歩論者は国際情勢を主観的に見すぎだと思います。

今、日本が北方領土での譲歩を餌にして
ロシアを釣り上げ、中国との同盟から脱落させようとしても、
おそらく日本の思惑どおりにはいかないでしょう。

何故ならば、ロシア側から見て、
日本との連携などさほど旨味が無いからです。
それより中国とくっついて
武器を売り、石油を売って、
この同盟によって米国を牽制した方がよほど実利がある。

逆に中国を捨てて、
日本との連携、あるいは同盟関係に至ったところで
なにかメリットはあるのか?
日本はその同盟関係によって
ロシアに何をもたらしてくれるのか?
何も無いではないか?
せいぜい国後・択捉の領土権の確定ぐらいか。
しかし、国後・択捉はすでにロシアが実行支配している。

まあ、こういうことですよね。
つまり中国とくっついた方がお得で、
日本とくっついても得などない。
日本がロシアと盟友になったところで
政治的・軍事的に積極的に支援してくれるわけでもない。

ロシアの外交は実利や力関係に敏感です。
露骨なほどに敏感で、
政治力・軍事力の無い日本などに
盟友たる魅力など感じ無いのが当然といえば当然の話です。

ここで日本が譲歩論者の言うが如く、
北方領土で何らかの譲歩を行ったところで、
ロシアの姿勢は変化しないでしょう。
むしろ、領土主権のいいとこ取りをされて終わるだけです。

こっちが思ってるほど向こうは
領土主権の譲歩を大きな「エサ・旨味」だとは思ってません。
そう思ってるのは当の日本人だけです。

しかし、このまま中露の同盟関係が続くのかと言えば
それはありえません。
両国の同盟関係・緊密さは
私は、あと数年程度で終わると見ています。

それは上記にも書いたが如く、
ロシア極東地方での中国人不法移民の急増です。
これが両国関係を徐々に悪化させていくでしょう。

ロシア:中国人の大量流入と摩擦・・モスクワの市場爆破事件

ロシアの復活とプーチン様の2つの難問・・工業化と人口問題

プーチン政権はこの問題を
かなり深刻に捉えているフシが見受けられますが、
事態がロシアにとって大きな脅威に転化するまでには、
もう数年から十数年の歳月がかかるでしょう。

それまでは彼らは、
対中同盟の実利を徹底的に貪ろうとするでしょう。
そしてこの問題が座視し得なくなった頃を見計らって、
中国との距離を取り始め、
日米に対して接近してくると思われます。

譲歩論者の言うように
北方領土をエサにロシアを釣りたければ、
この時点で釣り竿を立ててエサを投げ込むべきです。
それ以前の段階でエサをぶら下げてみても
エサだけとられて後は何も残らないという、
実に間抜けなことになるでしょうね。

ここらへんは外交のタイミングの問題であり、
国際情勢の構造的な問題です。



関連資料リンク

露女性殺害の過激報道


関連過去記事(本店ブログ)

対露外交と中国包囲網 その2
 ・・極東地方への中国人移民の流入(前編)

対露外交と中国包囲網 その3
 ・・極東地方への中国人移民の流入(後編)









スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

餌をおいしくするには

極東ロシアで起こっていることを大々的に日本から報道することで、餌をおいしく見せることが出来るかもしれません。
「ここはどこの国?」なんて4カ国語くらいで発信すると良いと思います。命の保証はないですけどね・・・(^^;。

サハリンの天然ガスは、主として発電用に確保しようとしていたようなので、プルサーマルの営業運転の見通しが立った時点であまり魅力的な物ではなくなったようです。ポートフォリオの観点からは重要かもしれませんが、緊急に必要な要素ではなくなった以上、価格面で折り合いがつかない物を無理して引き受ける必要はないとの観測が買い手の方にあるようです。

東シナ海であまり政府が熱心でないのは採掘したところで誰が買うかという問題もはらんでいます。石炭の二の舞はごめんだ、と・・・。

ロシア政府と日本の買い手、どちらも目先の利益で強気に出ていると言う点では共通しているのかもしれません。

  • 2006/09/22(金) 14:39:24 |
  • URL |
  • クマのプータロー #-
  • [編集]

1月前に中国新聞が2つの記事を合体させて煽った

http://hannichi.seesaa.net/article/22788789.html (中国反日情報)さんが8月25日もう1月前に「日本の過激分子が復讐 連続でロシア人を殺害 暴徒は切腹」環球時報 2006年08月23日 ソース(中国語)ロシアで漁民拿捕の報復をしてると2つの全く違う事件を1つに合体してか捏造記事を書いて中国中に配信してたのです。詳細はクリックしてお読みください。
ーーーーーーーーーーーーーー
日本の漁民が係争のある海域でロシアのパトロール中の海軍に射殺された事件は日本に大きなショックを与えた。ここ数日、日本は悲痛な空気と憂慮と憤怒が蔓延している。現在まだ、日本の3名の漁民がロシアに拘留されたままである。連日、メディアは家族の悲痛な表情を絶え間なく放送し、日本の過激分子に火をつけた。たった数日で2名のロシア人が日本で殺害され、「漁民事件」との関係が疑われている。これらの「復讐」行動は、既にロシアで高い感心が注がれている。ーーーーーーー中略ーーロシア人が日本で連続して惨殺死
名のロシア人男性が日本で喉を切られて死亡したと発表した。被害に遭った男性は中古車ブローカーのセルゲイ・デニソフ氏(42)と見られ、彼はロシア国籍と共にチェコ国籍ももつ。事件と日本人男が神戸のナイトクラブで刀を使い22歳のロシアのダンサーであるシェレパノワ・アナスタシアさんを刺し殺した。それが今ごろ中国からロシアへ流れて行ったのだと思います。是をそのまま読むと反露活動が活発だと誤解を与えると思います。その事を拿捕事件の時にこの記事を紹介した投稿をしたのですが・・・



中国発でしたか・・

> クマのプータロー殿

> 極東ロシアで起こっていることを大々的に日本から報道することで

これは情報戦の一環として考慮してもいいかもしれませんよ。
前大戦前に英国の工作機関が米国でさんざん世論工作を行い、
戦争に引きずり込むことに成功してますからね。

それ以前に国策で使える海外放送網がほしいですね。
VOAみたいなやつ。
ああいうのがあれば効果は大きいんでしょうけど。

> ロシア政府と日本の買い手、どちらも目先の利益で
> 強気に出ていると言う点では共通しているのかもしれません。

日本政府は国策無さ過ぎ。
ロシア政府は国策偏重。
なんか対極的で、両者ともバランス悪すぎです。

日本は国家の統一した戦略が不在でちぐはぐで、
ロシアは国策・国益のためなら手段を選ばず、
どちらも長期的には大損になって跳ね返ってくるでしょう。


> ようちゃん殿

情報ありがとうございます m(__)m

そうでしたか・・・。
これ、最初は中国発の偏向報道だったんですね。
それが回り回ってロシアで使われる、と。

どちらも外務省が猛抗議して
息の根を止めてほしいものです。

  • 2006/09/24(日) 06:01:55 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。