短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

安倍内閣の発足と組閣人事・・首相補佐官に注目

安倍内閣、発足へ 財務相に尾身氏 総務・菅氏、文科・伊吹氏

 自民党の安倍晋三総裁(52)は26日午後、
 衆院本会議で第90代、57人目の首相に選出された。
 安倍氏は直ちに、首相官邸で組閣作業に着手、
 内閣の顔触れを決めた。
 
 財政再建を担う財務相には尾身幸次元科学技術担当相(73)、
 総務相に菅義偉総務副大臣(57)、
 教育基本法改正を手掛ける文部科学相は
 伊吹文明元労相(68)を充てた。

 靖国神社参拝問題で
 冷却化した中国、韓国との関係改善が焦点の外相には、
 麻生太郎外相(66)を再任。
 経済財政担当相に元内閣府政策統括官で
 政策研究大学院大教授の大田弘子氏(52)を登用した。

 同日夜の首相任命式、閣僚認証式を経て、
 自民、公明両党連立の安倍内閣が発足する。
 
 また、拉致問題担当の首相補佐官に
 元内閣官房参与の中山恭子氏(66)を指名したほか、
 広報担当補佐官に世耕弘成(43)、
 経済財政担当に根本匠(55)、
 教育再生担当に山谷えり子(56)、
 国家安全保障問題担当に小池百合子(54)の各氏を起用した。

   (iza!)


この組閣を伝えるニュース。
麻生氏の外相留任や経済財政担当相の大田弘子って誰?
ってとこが話題になっているけど、
私が特に興味をひかれたのが
この「首相補佐官」のメンツですね。

◇国家安全保障問題担当・・小池百合子

◇教育再生担当・・山谷えり子

◇拉致問題担当・・中山恭子

◇広報担当・・世耕弘成
 
◇経済財政担当・・根本匠

補佐官ってのを側近で固めてるのがよくわかるし、
3人の女性補佐官は実に適役だと思う。

日本の「首相補佐官」は米国の大統領補佐官がモデル。
1993年に細川首相が最初に創設した。
ただし、このときは法律上の根拠を持たない、
「首相特別補佐」と名称だった。

1996年の橋本内閣時、内閣法の改正で、

  「内閣の重要政策に関し、首相に進言し、
  及び首相の命を受けて、首相に意見を具申する」

との規定が盛り込まれた。

また、当初、定員は3人だったのが、
2001年の中央省庁再編時に5人に拡大された。

しかし、米国の大統領補佐官ほどの権限はなく、
その役割・位置づけは曖昧であり、
首相の裁量と能力に大きく左右される。

先日も、安倍首相の
官邸機能強化構想のニュースが流れてましたが、

安倍氏、官邸スタッフ強化へ「政治任用枠」拡大

私はこの官邸の能力・権限強化の方向性は
今後、大きな流れになっていくと思ってます。

もともと日本の統治システムの特徴は、

1,官僚の権限が強く、政治家の人事権が及ばない。

2,各大臣が一騎当千の輩で、首相の統制力が弱い。

こういう特徴を持ってました。

そのために国家全体の統合プロジェクト、
各省庁の利害を超えた改革事業などは
必ず潰されるか、推進が阻害されてきました。

ただ、外交・軍事において国際社会の荒波をまともに受け、
世界第二位のGDPを持つ大国として
狡知に国家戦略を推進していかねばならい現状で、
この役人と各大臣に対する首相の統制力の無さは
致命的な弱点となります。

よって官邸の権限と機能の強化を図らねばならず、
それは以下の方向に集約されると思います。

1,官邸スタッフ機能の強化
  権限の強化、情報収集力・分析力の強化、人材の登用
  それに対する法的裏付け

2,官邸が予算の編成権の大枠を握ること

3,大臣の省庁上級官僚に対する人事権の強化

この3つですね。

結局、古来より組織を動かす要諦は、
人事・予算・情報、の3要素だということです。

 この3つの権限を首相と各大臣に集中させ、
        ↓
 それを使いこなせるように機能を強化させ、
        ↓
 法的にカッチリと裏付けさせる。

この流れで進む必要があるでしょう。
また、実際にこの流れで
今後十数年に渡って
日本の統治システムの改革は進んでいくと思われます。

首相のスタッフ機能の強化は
「組織論」の観点で見た場合に、
ある意味、当たり前の流れと言えます。

組織が巨大化し、
また、組織が外部環境の激動にさらされた場合、
権限を中央集権的にして、スタッフに知恵者を集め、
個々の部署間の利害を超越して
統合的に戦略を構築していくのが当然の発想です。

今までのように各省庁がバラバラで、大臣が役人を統制できず
さらに首相は大臣を統制できず、
予算は大蔵~財務省が握っているようでは
この激動の時代に勝ち抜いていけなくなります。

従来、日本の統治システムは
このスタッフ機能が弱すぎました。
この改善の流れは良いことだと思います。

まあ、逆に強すぎれば
第一次大戦中のドイツ参謀本部や
前大戦時の陸軍参謀本部のように
別な弊害が生じるわけですけどね。



関連資料リンク

首相補佐官って何?

「補佐官」東西事情


関連過去記事

安倍氏の日本版NSC構想・・安全保障の「頭脳」組織

テポドン発射と日本の防衛体制・・その不備と悪弊





スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

安倍政権について

こういう見方をする人も居ます。
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/latest.html

小泉政権が先送りした負の遺産が安部政権にどのようにのしかかっていくか、官邸が一丸となる体制をとったようにも見えることから、見所だと思います。が、期待はちょっと・・・留保します。

  • 2006/09/26(火) 22:51:06 |
  • URL |
  • クマのプータロー #-
  • [編集]

期待8割、残りは留保

> こういう見方をする人も居ます。

なるほど。
これは深刻な内容ですね。

> 小泉政権が先送りした負の遺産

小泉政権は最終的にはイメージとして
反中的なイメージが形成されてますが、
当初はそうではありませんでした。

むしろ政権の前半期においては
媚中といってもいいようなスタンスが多かったです。
あの、反日暴動や瀋陽の日本領事館での中国官憲侵入事件など、
まともに中国に抗議なり、強い謝罪要求などしてませんよね。
あの反日暴動の時の上海領事館の破損問題も
結局、うやむやのままに終わってしまいました。
直後のバンドン会議での胡錦涛に対するへりくだりぶりなどは
正直、見苦しい限りです。

ただ、小泉氏の場合は
靖国の問題があって、あの部分においては
それなりに硬派だったために、
結果的に反中のスタンスを取るようになりましたし、
反中の国民世論に乗っかる形となりました。
本当に小泉氏という人はラッキーな男だと思います。

安倍氏の場合は、当初から言動が、
原則がぶれずにしっかりしているので、
私は小泉氏ほどには心配はしてません。

ただ、閣僚経験が少ないために、
周囲に依存しすぎて目測をあやまらなきゃいいが、というのが
私の心配です。

  • 2006/09/27(水) 02:20:30 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。