短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

北朝鮮情勢:その未来図の雑談的予想・・米国プランVS中国プラン

米が核実験非難、安保理に早急な対応求める

 米ホワイトハウスのスノー大統領報道官は
 9日未明(日本時間同日午後)、声明を発表し、
 「北朝鮮の核実験は、国際社会の意思および、
 北東アジアの緊張を悪化させる行動をやめるべきだという、
 我々の求めを公然と無視した挑発行為だ」と強く非難、
 国連安保理が即座に行動を起こすよう求めた。

   
(読売新聞)


核実験が成功したのか、失敗だったのか?

各ブログで喧々囂々の議論が起こってますが、
唯一確実なのは北朝鮮が「核実験を行った」、
あるいは「行おうとした」という事実です。
これに関しては9割方確実じゃないですかね。

さて、今後の展開を予測したいと思います。
考えがうまくまとまらないので
雑談っぽく書きます。


過去記事でも何度も書いたとおり、
米国は経済封鎖の締め付けを強化することで
金正日体制の打倒を狙っています。

最終手段として軍事力の行使もありえますが、
コストの問題から経済封鎖を優先させるでしょう。

経済封鎖で締め付けることによって金体制を自壊させる。
そして、その後は韓国による統一国家の成立。
これを仮に「米国プラン」と名付けましょう。

現在の状況のまますれば
おそらく米国プランは成就するでしょう。

北朝鮮にとっての封鎖の抜け道は中韓とのルートですが、
韓国は核実験への制裁として対北援助をストップし、
中国も北朝鮮への援助・交易を手控え気味にするでしょうから。
これで封鎖は一層厳しくなり、
北朝鮮の体力はとうてい保たないでしょうね。

この「米国プラン」の進行に対して、
唯一反対し、阻止できる実力を持った国が中国です。

中国は「米国プラン」をどう見るか?
結果の部分が一番気にくわないでしょうね。
即ち、韓国による統一の部分です。
西側諸国にして米国の同盟国である韓国と
直に国境を接することになるわけで
中国はこの未来図を嫌うでしょう。

この「米国プラン」を横目で見つつ、中国は何を考えるか?
彼らにとって最善の半島像は

 1,南北分断の固定

 2,北方国家を中国がコントロールできること

この2つでしょう。

現在の北朝鮮という国は
ある程度は中国の影響下にあるものの、
今回の核実験を見てのとおり、
中国にとって完全にコントロールできている国ではありません。

実は、ここが中国にとってのジレンマで
意地でもコントロールしてやろうと
今回の核実験に対して制裁措置を加えれば、
結果的に「米国プラン」に加担することになります。

逆に、今までのように重油や食料などの援助や
通常どおりの交易関係を続ければ
北朝鮮は「何をやっても中国は怒らない」、
「俺様の言うなり」と思いこむでしょうね。

まさに「中国様、ジレンマの図」ってなわけですが、
ここらへんのさじ加減が中国にとって苦慮するところです。

しかし、核実験までやられたとなると
国際社会の手前もあり、
中国としては援助を減額せざるをえません。
すると「米国プラン」が進行してしまうわけですが、
ここで中国は選択に迫られます。

 1,米国プランの成就
   金体制の自壊
   韓国による統一国家の成立

 2,中国自身が金体制を打倒して
   「半島の南北分断の固定」と
   「北方国家のコントロール」状態を維持する。

おそらく中国は後者を選ぶでしょう。

その方法としては、金正日の暗殺や
北朝鮮軍部のクーデターへの使嗾、
中国軍の軍事侵攻、などが考えられます。

あまりにも中国が野心むき出しで北朝鮮への介入を行うと、
国際社会からの猛非難を浴びるでしょうし、
だからといってソフトな手段にとどめれば、
本音では米国よりも中国を警戒している金正日のこと、
あっさりと中国の陰謀を見破り、これを粉砕するでしょうね。

私は今後の北朝鮮は
「米国プラン」か、この「中国プラン」の
どちらかで料理されると思っています。

で、可能性としては
このままでいけば
中国プランが成就する確率の方が高いと思っています。

何故ならば、最終的に意味を持つのは軍事力であり、
この場合、陸上戦力の侵攻能力のある中国の方が有利です。
また、中国は北朝鮮の内情や
北朝鮮軍の現状と人脈を知悉しており、
ここらへんが米国を上回ってます。

今現在の北朝鮮情勢における私の予測はこんなとこです。
はたして当たるか否か? (^_^;



関連過去記事

北朝鮮の核実験声明と今後の半島情勢
 ・・もはや北崩壊は時間の問題

北朝鮮の核実験声明・・その意図と背景






スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

私も中国の軍事介入による金政権打倒が、一番据わりがいいと考えています。ただし、無血クーデターのような状況が目標。そして、基本的にはアメリカや国際社会の了解のもとに。あとは、決して深入りしたくない中国を、いかに誘い込むか。

  • 2006/10/10(火) 01:41:21 |
  • URL |
  • worldnote #5hYG8PUI
  • [編集]

中国が打って出る時

中国が中国プランを実行する時は
できるだけ米国の了解を取ろうとするでしょう。

ただし、「時勢」的には米国の有利になってきましたね。
北朝鮮が墓穴をほったからです。
米国がすんなり了解するかどうか?

中国は二者択一の状況におかれたら、
「米国プラン」か「中国プラン」かの状況におかれたら、
必ず自分から打って出るでしょう。

一旦、実力行使に出たら、
この国には倫理的ひるみというものがありませんから、
果断に処理するでしょう。
ある意味、米国より恐い存在です。

  • 2006/10/10(火) 01:51:24 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。