短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

中共によるチベット人射殺映像の衝撃・・映像は雄弁に物語る

中国、チベット亡命少年僧ら射殺映像が世界中に

 9月末に中国チベット自治区とネパールの国境近くで
 亡命を試みたチベット尼僧(25)や少年僧(15)らが、
 中国の国境警備隊の銃撃を受け
 少なくとも2人が死亡した事件の映像が世界中で放映され、
 国際社会を騒然とさせている。
 
 北京五輪を控え、「和諧社会」構築という胡錦濤政権が提唱する、
 “理想”の陰で行われている中国の人権蹂躙に
 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)も調査を開始、
 米国などが非難の声を上げ始めている。
 
 映像はルーマニアの登山家、
 セルゲイ氏が偶然撮影したものをルーマニア民放局が14日に放映。
 その後、日本を含む各国でも放映され、
 米国の動画投稿サイト「ユーチューブ」など
 インターネットの映像配信で世界中を駆け巡っている。
 
 現場はエベレストに近い、
 チョオーユー峰のベースキャンプから見渡せる氷河。
 映像は9月30日早朝、氷河の上を1列に並んで
 ネパール国境のナンパラ峠に向かって歩いている約30人の行列を
 見下ろすように撮影されている。

 警告発砲音が響いた後、次の発砲音で先頭の尼僧が倒れた。
 カメラは銃を構える中国兵士の姿、
 続く発砲で行列の最後尾の少年僧が倒れる様子、
 倒れた人を抱き上げる兵士の姿をとらえ、
 目撃した登山家の
 「犬のように撃ち殺された」というコメントが流れる。
 
 セルゲイ氏がテレビのインタビューに答えたところによると、
 一行はチベット仏教徒で
 ダライ・ラマ14世に会うために亡命を敢行した。
 セルゲイ氏は兵士の襲撃を逃れた亡命者を助け、
 食料や衣類を分け与えたという。

   (iza!)


映像は雄弁に物語る。
中共によるチベット支配の現実。

1951年の中国軍のチベット侵攻と「領有協定」調印の強要。
以来、中国によるチベット支配は進み、
1989年のラサ暴動時に
チベット自治区の書記として暴動を軍事鎮圧した胡錦涛が
今や中国の国家主席として君臨している。

上記ニュースの動画はユーチューブ以外でも
こちらのサイトで見ることが出来る

Exclusive footage of Chinese
 soldiers shooting at Tibetan pilgrims

衝撃の映像。

雪山を踏破しようとするチベット人が
中国軍兵士によって「犬のように」撃たれる。

胡錦涛が何を言おうと、
チベット支配を美辞麗句で飾ろうと、
この映像の衝撃は覆せないだろう。


さて、この映像はユーチューブによって
瞬く間に全世界に流れたとのこと。

ユーチューブなどのネット上の動画サイトと
政治の関連は過去記事でも書きましたが、

中国政府:ネット上の動画も規制へ・・動画は「金盾」の盲点か?

ユーチューブが選挙を左右する!?・・米国の最新選挙事情

かつてテレビ経由でなければ見れなかった映像が、
今やネット上から各家庭のパソコンで見れてしまう。
この伝播力は恐ろしい。

映像の人心に訴える感化力はテキストの数百倍でしょう。
いくら中国によるチベット弾圧を
欧米の大新聞などが取り上げて、
優れたロジックと巧みな表現で語っても
その影響力はたかがしれている。

しかし、ユーチューブなどで動画を流し、
そのインパクトによってアクセスが世界から殺到すれば
それはとてつもない破壊力と成りうる。

この効果は政治の世界で徐々に注目され始めている。
米国ではユーチューブを使った選挙戦がすでに行われているし、
おそらく11月の中間選挙後には
様々な活用事例がニュースで流れると思う。

そして数ヶ月から数年遅れで
この効果は日本の政界にも波及するでしょう。

上記のチベットの動画は
中共によるチベット支配の醜さを世界に知らしめたが、
この影響力を利用しようとして
多くの情報工作がネット上で行われるようになるでしょう。

敵対国や敵対人物・陣営の暗部を暴くような動画や、
スキャンダルやプロパガンダを意図的に流すなどの動きも
次第に強まっていくでしょうね。

たとえば歴史問題などでも、
中共などは自国の影響下にある工作団体を米国内に作り、
反日を軸に歴史を歪曲し、
活発に米国世論に訴えかけている。

おそらく今後、彼らは
ネット上の動画というツールを活用するようになるでしょう。
世論工作に聡い彼らがこれに注目しないはずはない。
動画を使ってプロパガンダを仕掛けてくるでしょう。

日本もこれに対する対抗手段を考えないと、
彼らの創作した「偽史」が
あたかも正史のように世界に認知されてしまう。

逆に、真実の歴史を訴える側は、
ネットを活用し、本当の歴史や真実を訴えていかねばならない。

そこでいくと私は
日本のネットユーザーの技術力の高さに期待しています。
すでに2chなどで
多くの政治関連のフラッシュが作られたりしてますが、
これが動画へと波及していって
真実の歴史を伝える良質な映像が
ネット上に流布することを期待しています。



関連資料リンク

チベット亡命者射殺 中国、和諧と逆行 思想・民族弾圧強める

北京趣聞博客:チベット亡命者事件の情報錯綜について

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

チベット文化研究会





スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

ネパールは民主国家をめざしネパール王国から王国を除去し国名をネパールと変更した(今年5月のこと)。そのうえで民主選挙実施を目指しているが、王党派と毛派の内戦によりいまだ実現されていない。国連機関の仲裁により休戦中であるが、毛派は王党派を壊滅させるまで戦うと宣言している。その毛派をシナが支援している。毛派の思惑通りにことが運べば、ネパールは中共の衛星国となり、近隣民主主義国家、とりわけインドにとり大きな脅威となる。これは他国のことではなく、日本に対する危機でもある。また、チベット人の亡命ルートも閉ざされることになる。ネパールの民衆主義を守るため、民主主義国家は団結してシナの横暴を阻止するべきである。 ネパールにもっと関心を寄せるべきである、と怒りを込めて思うのです。

  • 2006/10/23(月) 22:24:43 |
  • URL |
  • ジャポネーズ #-
  • [編集]

マオイスト

ネパールに関しては
前々から例の「国王射殺事件」について
書いてみたいと思ってます。

さて、最近のネパール情勢ですけど、
私は中国の節操の無さには呆れてますね。
まあ、節操なんてもともとないんでしょうけど。

元来、国王派に肩入れしていた中国。
2005年の国王の民主化抑圧政策で
米印はこれを激しく非難しましたが、
中国は「俺には関係ないさ」とばかりに
国王派と軍に武器援助を繰り返してました。

ところが、国王が敗北して象徴制に移行が決まるや否や
今まで「毛沢東の名を汚す」と嫌っていた、
ネパール毛沢東主義派(マオイスト)に急接近しました。
あれには呆れました。

ネパールは地勢上、中国よりもインドとの関係が深い国です。
このままいけばインドの本格介入もありえるでしょう。
マオイストを嫌っている米国はそれを黙認するでしょうね。

  • 2006/10/24(火) 02:04:57 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

こんばんわ

ネパールの解説ありがとうございました。ネパールが内戦状態になったとき、シナが自国の刑務所に拘束していた毛派の兵士を解放したのは理解できるとして、なぜ刑務所に収容したのか解明されました。

シナは勝ち馬に乗ることにしか興味がないということで納得です。徹底した自国の利益優先のみで理念ももちろん正義もない。
ネパールには民主主義国家になって欲しいです。アジアの国として日本もネパールの民主化を手助けすべきです。

  • 2006/10/24(火) 21:32:29 |
  • URL |
  • ジャポネーズ #-
  • [編集]

インド

南アジアの国々ついても
どこかで書いてみたいと思っています。
インドとの関わりが興味深いところです。

今、日本がネパールにできることは
インドの後押しですね。
かの民主国家を先鋒にすることです。

あと、ミャンマーの軍政につても書きたいですね。
あの特異な政治。
それと中共との結び付きとか。

  • 2006/10/25(水) 11:04:43 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。