短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

今日の収集ニュース達・・チベット人射殺事件続報と「グーグル爆弾」 2006/10/31

中国国境警備隊チベット人射殺事件
 目撃者の証言「これは殺戮だ」


  我々のキャンプは、
  チベットとネパールの国境地帯にあった。
  そこはナンパ・ラ・パスという場所である。
  9月30日早朝、私はテントの中で寝ていた。
  突然、密集した銃声が聞こえた。
  始めには、あれは銃声と感づかなかった。
  私はまったく銃声を聞いたことがなかったからだ。
  
  私は服を着て、5分か10分後に外に出た。
  目に飛び込んできたのは、
  我々のテントから約50メートル離れた先で、
  チベット人のグループが必死に走っている光景だった。
  外観からみると未成年のようだった。
  多くの中国兵士が彼らに向けて銃を発射している。
  そして、先頭にいる1人が銃弾に当たり倒れた。

  そのとき、初めて自分が
  銃撃現場の目撃者であることに気づいた。
  これは殺戮だ。
  打たれた人たちは如何なる武器を所持しておらず、
  反撃能力もなかった、ただひたすら懸命に逃げていた。
  しかし、そこは広大な氷河地帯、
  身を隠せる場所はどこにもない。
  ほとんどは若者だった。

  一部の中国兵士は、我々外国人登山者が
  銃殺の現場を目撃したのに気づいていた。
  我々の距離はそれほど遠くはなかったからだ。
  しかし、彼らは、銃殺を躊躇う様子もなく、
  まるで我々が現場にいないのようだった。

  翌日、銃殺現場に大勢の軍人が現れた。
  彼らは明らかに銃殺された死体を捜していた。
  その中国兵士らは無表情で死体を氷河の隙間から川に捨て、
  我々が彼らの行動を見ているかどうかを
  まったく気にも留めなかった。
  この反応はますます私の心を苦しめた。

 こういうのを読んでいると
 北京五輪なんか開催されてほしくないね。

 ああいう国に集ってスポーツ大会をやって、
 作り笑顔を浮かべて手を振って。

 でも、裏じゃチベット人は殺され、
 臓器は闇で売買され、人権もへったくれもなく、
 北京の空は環境汚染で汚されてるわけで・・。


北朝鮮制裁:「原油輸出ゼロ」でも圧力は否定 中国外務省

 これが圧力じゃなければ何なのでしょうか? (^^;)


米中朝の首席代表、近く6カ国協議再開で合意

 さ~て、席上、北朝鮮が何を言い出すやら。

 諸兄よ、お楽しみに待とうじゃありませんか。


386スパイ:大統領府と与党の「国情院たたき」が深刻化

  ある同院関係者は
  「国情院と386世代の政治家らの対立に発展すれば、
  捜査が十分に進展しなくなることが予想されるが、
  その心配が現実になりつつある」と語った。

  一方、別の関係者は
  「金院長がスパイの検挙について確固とした意思を見せており、
  それについて行っている職員も多い。
  政府・与党の攻撃や非難に対しても
  じっと耐えている様子だ」と伝えた。

 政争が始まりそうです。


エジプト、原発建設を計画 米・イスラエル容認

 エジプトの核は綺麗な核ですか・・。


「グーグル爆弾」で与党候補を攻撃
 革新系ブログ、検索システムを操作

  中間選挙を前に革新系ブログ(日記風サイト)は、
  与党共和党候補の追い落とし作戦として、
  候補者の情報を検索した時に
  ネガティブ情報が検索結果の上位に表示されるよう、
  大手検索エンジンの情報処理システムを巧妙に利用した、
  「グーグル爆弾」攻撃を強めている。

  例えば、アリゾナ州から再選を目指す
  上院共和党の現職ジョン・カイル氏をグーグルで検索すると、
  上位に4月13日付けの
  地元隔週紙フェニックス・タイムズの記事が出てくる。
  同記事は、カイル議員が「ワシントンではブッシュ政権と
  極右派にこびへつらっている」と批判し、
  「アリゾナ州民の損失につながっていることがしばしば」
  と指摘する内容になっている。

  このように、アルゴリズム(情報処理の仕組み)を
  逆手にとったグーグル爆弾は、
  当初は70人の共和党候補を標的にしていたが、
  批判記事には明らかに党派色が強いものもあるため、
  現在では約50人に絞っている。

 以前、「売国新聞」でググると
 朝日のサイトにつながるというのがあったけど、
 確かにネットとグーグルの影響力が増せば
 こういう動きが出ても不思議じゃないなあ。

 まあ、それ以上に
 世の中が「グーグル基準」で動かされている現実の方が
 よっぽど恐いけどね。


ロシア大統領に手を焼くEU エネルギー安保が足かせ

 プーチンの強腰も、所詮は原油高の産物。
 需要と供給のバランスが生んだマジックに過ぎない。

 以前のように値段が劇的に下がって10ドルでも切れば
 彼我の力関係は逆転するでしょう。

 まあ、EUさんよ、
 次世代エネルギーが揃ってくるまでの辛抱ですよ。


気候変動で2億人が家を失い、種の4割絶滅…英政府

 温暖化の2大元凶は、
 
 1,中国の環境無視と経済成長

 2,米国の自国中心主義

 こと地球環境に関していえば、
 この二ヶ国は2大悪党だな。


核保有論議:中川氏「憲法上は持てる…現実は非核三原則」

 中川さんは飛ばしてるなあ。

 大いにけっこうなこと。
 この種のタブーをぶち破ってほしい。

 論理的に考えた上で、
 持つ方がプラスだったら持てばいいし、
 持つ方がマイナスだったら持たなければいい。

 単にそれだけのこと。


【主張】河野談話 再調査と見直しが必要だ

  誤った事実認定に基づく政府見解に
  いつまでも内閣が縛られることは不自然だ。
  再調査による見直しが必要である。
  
  過去にも政府見解が変更されている。
  首相の靖国参拝について、昭和55年の政府見解は
  「違憲の疑いは払拭できない」としたが、
  昭和60年に公式参拝を合憲とする見解に改められた。
 
  河野談話についても、
  まず議員レベルで専門家を交えた研究を行い、
  正すべき方向性を示してほしい。

 日本もいい方向に向かいつつある。

 それにしても、河野洋平って
 どの面下げていまだに政治家をやっているのか。
 
 恥知らずとはこういう人間のことを言うんだろうなあ。


海自と米海軍、9日から日本海などで共同訓練

 その意図は明白。


「良かれと思ってやったが・・・」
 ソフトバンク孫社長・会見詳報


 ヤフーBBの時もそうだったけど、
 どうしてこの人は詰めが甘いんだろう。

 新料金プランと機種変更0円を同時にやったら、
 既存の顧客がプラン変更に殺到することなど
 普通の頭で考えたら予想できそうなものなのに。

 大胆な戦略と
 それを底支えする「後方支援」の甘さ。
 このアンバランスがこの人の発想の特徴だな。


<その他の収集ニュース>

戦略関係強化へ共同声明 中国・ASEAN首脳会議開く

中国の人権弾圧「和諧社会」の理想の裏側で進行

千変上海:「長征70周年」に文革の影

ある日本人の目から見た中国の工場

台湾陳水扁総統、中川政調会長らとTV会談

鳥インフルに変種が発生、中国や東南アジアで発見=香港大報告

金剛山観光に“核の冬" 続く統制、金網ごしの北朝鮮

対北朝鮮貿易、過去最低に=上半期は21%減-財務省

北朝鮮に核兵器開発目的の秘密の村が存在
 韓国野党議員の報告書

北朝鮮がレーダー輸出か シリア向けと報道

韓国:統一部、スパイ前科者に南北経済協力事業者承認

ドイツ連邦軍、ボスニアから撤退へ

外部の侵入どう防ぐ “要塞化"する学校に賛否両論

過保護?米で鬼ごっこ禁止拡大 「けが防止」逃げる教育現場

緑の畑は水の無駄づかい? コロラドで農家と住民が対立

「YouTube」でネガティブキャンペーン 激戦・米中間選挙

駐米サウジ大使、米にイラクから突然撤退しないよう警告

リビア経済ブームに殺到する各国企業

宗派・民族間の対立に石油分配のあり方が加わり
 難渋するイラクの国民和解計画

イスラム学校空爆で約80人死亡 米国が関与との見方も

武器1万4千点が不明 米軍からイラク側に提供

地対空ミサイル、米軍が首都圏配備へ

ロシア機へのスクランブル急増、伊豆諸島まで飛来

民主と日教組が一心同体? 自民議員、癒着をただす

「天皇が来る意味って?」 毎日記者発言ネットで騒動

参加するケータイ「EZ GREE」

「ジバンシー」のモデル、なんと仏首相の長女

路線バス盗んだ米15歳少年、乗客乗せて「安全」運行

投げたものを何でも飲み込んでしまっていた犬





スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。