短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ブラジル:前代未聞の空港大ストライキ・・600便が停止

もう10日前の出来事になりますが
見ていて非常に興味深かったのと
日本のマスコミはあまり伝えなかったので書いておきます。

大混乱におちいったブラジルの空港ストについてです。


ブラジルの空港の航空管制は空軍が管轄しているそうですが、
先月末から今月初頭にかけて
国内各地の主要空港の航空管制官たちが、
待遇改善を求めて一斉にストライキに突入しました。

日本だとこういう時は
全面ストは滅多にあり得ず、
一定の割合で旅客機の運航は確保されるものです。
しかし、ブラジル人は豪快なのか何なのか、
ブラジル中の大半の航空管制官がストに入ってしまいました。

折からブラジルは連休中で
日本でいえばお盆休みのような休み期間中で
多くの旅行客・帰省客で空港はごった返していました。

あの広大な国土を横断するためには
飛行機と空港の存在は必須であり、
これが飛ばなきゃ、ブラジル人にとっては死活問題です。

で、ストライキ開始。
当然の如く旅客機は運行をやめ、
最盛日にはブラジル中で600便が停止してしまいました。

もうこうなったら大騒ぎです。
ブラジル中の空港にごった返す待合い客たちは
何十時間経っても飛ばない飛行機に怒り心頭に達し、
現地サンパウロ新聞によれば、

  待ちくたびれた旅行者間にイライラ感が募り、
  旅行者がカウンターの受け付け嬢を
  殴打する事件も見られた。

  サンパウロ、リオ及び主要空港内では
  旅行者と航空会社職員の間で殴りあい、
  待ちくたびれた人々の抗議行進、
  航空会社カウンター内に侵入してパソコンを占領し、
  航空会社本社に離発着おくれの
  原因をただす人も出るなどで大混乱、最悪状況だった。

などと大混乱となりました。

空港ロビーには
当然の如く怒り狂った乗客による抗議が殺到し、
身の危険を感じた空港職員が武装する騒ぎにまで発展します。

さらに飛行機の運航が停止してしまった各航空会社は
一斉にブラジル政府へ補償金の支払いを求め始め、
この額がハンパなものではなく
ブラジル政府は冷や汗を流します。

さて、ブラジルの航空管制を管轄する空軍は
これはさすがにやばいと思ったのでしょう。
11月2日、空軍のルイス・ブエノ司令官は、
航空管制員149名に職場を離れないよう命令を出すとともに
首都に待機する空軍特殊部隊の航空管制要員に
非常呼集をかけました。
さらにブエノ司令官は
命令に背いた者は軍法会議にかけるとまで言いました。

これらの措置が徐々に功を奏し始め、
旅客機の運行は次第に落ち着きを見せ始めます。
そして11月5日夕刻、ブエノ司令官はピーレス国防相に、
国内主要空港は平常に戻ったと報告し、
ここに一連の大騒動は幕を閉じました。

まあ、日本では考えられないような事態ですが、
ブラジルも発展めざましいBRICsの一員といいつつも、
まだまだこういう途上国じみた、
バッタバッタした側面を持ってるんですね。




スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。