短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

朝鮮総連の科学者集団「科協」に警察の捜査開始

ロケットエンジン権威、科協の元副会長宅を捜索
 違法に人材派遣か
 
 
 ロケットエンジン開発の権威で
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の
 在日本朝鮮人科学技術協会(科協)の元副会長が、
 無許可で人材派遣業を営んでいたとして、
 神奈川県警外事課は29日、労働者派遣法違反の疑いで
 元副会長の自宅などを家宅捜索した。
 同課は元副会長から詳しく事情を聴き、押収資料の分析を進める。

 捜索を受けたのは、人材派遣会社(川崎市)
 ▽元科協副会長の元同社社長(74)の自宅
 ▽社長(72)の自宅
 ▽派遣先の電気機械製造会社(群馬県太田市)。

 調べでは、人材派遣会社は昭和36年に設立以降、
 厚生労働相の許可を得ずに人材派遣業を営み、
 モーターや発電機を製造する電気機械メーカーなどに
 人材を派遣していた疑いがもたれている。
 同課は容疑が固まり次第、元社長らを書類送検する方針。

 元社長は科協の元副会長で現顧問。
 東大工学部卒後、自動車技術やエンジンの専門研究機関勤務を経て、
 北朝鮮の「金剛原動機合弁会社」の経営にも携わった。
 ロケットエンジンの世界的な権威とされる。
 独自のロケット推進技術を持ち、
 国内外の自動車メーカーなどから注目された。

 今年6月、神奈川県警が摘発した薬事法違反事件で、
 医薬品商社からアミノ酸点滴薬などの医薬品を購入、
 北朝鮮に輸出した北朝鮮系商社の経営にも関与しており、
 同県警は科協の運営や
 北朝鮮からの指示などについて詳しい人物とみていた。

 警察当局などによると、
 科協は大学や企業の研究者や医師ら約1200人で組織され、
 朝鮮労働党の工作機関「対外連絡部」の直轄下にあり、
 北朝鮮の国家科学院との共同研究を指示されるなど
 北朝鮮の核開発などとの関係が指摘されている。
 昨年10月、警視庁が薬事法違反容疑で科協の副会長らを逮捕。
 家宅捜索で、陸上自衛隊の地対空ミサイル(SAM)の資料が
 防衛庁から科協に流出していたことが分かった。

   (産経新聞)


27日に薬事法違反容疑で、
警察が総連にガサ入れしましたが、
これはその第二弾です。

朝鮮総連都本部などを強制捜査 点滴薬不正入手

最終的な目的は総連の弱体化と解体でしょう。
これは警察云々のレベルじゃなくて
政治レベルの判断だと思います。

取りあえず、当面の目的は
ニュース中にもあるように
「科協」へメスを入れることでしょうね。

今月の18日に産経新聞朝刊の一面に
科協に関する記事が載りました。


総連「科学技術協会」1200人組織
 北工作機関の直轄、日本技術を核開発に転用か

 朝鮮総連の関係団体「在日本朝鮮人科学技術協会」(科協)が
 朝鮮労働党の工作機関「対外連絡部」の直轄下にあり、
 本国の内閣の一機関である国家科学院などと
 共同研究を指示されていたことが、警察当局の調べで分かった。
 会員は在日の研究者1200人弱で、
 国立大の研究機関などに勤務し、
 幹部級は万景峰号で祖国訪問した際に
 北の研究者と接触していたことも判明。
 科協を介し日本の先端知識が恒常的に流出し、
 10月の核実験やミサイル開発に転用された疑いがあり、
 警察当局は研究者の動向把握など
 全国規模の捜査に乗り出している。
 
 これらは警視庁公安部が昨年10月、
 科協役員らによる薬事法違反事件で
 東京都内の科協本部を初めて捜索した際に
 押収した資料などから判明。
 科協の組織や活動はベールに包まれていたが、
 実態が初めて解明された。
 
   (iza!)


これは産経のスクープだったわけですが、
今思えばこの記事が
警察の本格的な「科協」捜査を告げるものであり、
世論醸成のための当局のリークだったのかもしれませんね。


さて、科協に関しては
雑誌「正論」の4月号と11月号に
ウラジミール氏の詳細な記事が載っています。
以下、これを下敷きにして書いていきます。

まず、冒頭のニュースで

  ロケットエンジン開発の権威で
  在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の
  在日本朝鮮人科学技術協会(科協)の元副会長

の家宅が捜索を受けたとあります。

この「ロケットエンジン開発権威の元副会長」とは、
この分野ではかなり有名な人物です。
頭文字を取って仮に「J氏」と書いておきます。

J氏は2サイクルエンジンの世界的権威で
関係者の間では「北朝鮮のフォン・ブラウン」と呼ばれています。
若い頃は東京大学生産技術研究所に所属し、
ニュース中にもあるように
北朝鮮の金剛原動機合弁会社の社長を勤めています。

この「金剛原動機合弁会社」は
表向きは農業用のトラクターの製造会社とされていますが、
実態はミサイルのエンジン工場で、
核技術の拡散を抑止するための
キャッチオール規制が指定する「外国人ユーザーリスト」に
この「金剛原動機」の名前は載っています。

興味深いことに
このJ氏には、同姓で10歳下の在日の後輩がいて、
その人物もロケットエンジンの国際的権威であり、
同姓の先輩と後輩のコンビで
北朝鮮のロケット開発を引っ張ってきたとされています。

この両名は1998年のテポドン発射の前後には
揃って何度も北朝鮮と日本を往復し、
技術指導を行っていました。

また、今年7月のミサイル乱射前には
後輩J氏の方が北朝鮮に渡航し、
乱射当日はあの万景峰号に乗って日本に戻っています。

この両名の経歴はよく似ており、
どちらも日本の国立大学を卒業後、
東大生産技術研究所に所属し、
一時期は同じ民間研究所に勤務していました。

彼らは日本の大学で学び、日本の企業や研究所に属し、
日本の科学雑誌や資料により知識の研鑽につとめたわけで、
それが北朝鮮のミサイル技術の向上に貢献してるわけですから、
なんとも馬鹿馬鹿しい話しです。

ちなみに科協のメンバーは
たいていが東大生産技術研究所と
文部科学省所管の理化学研究所の出身です。
ここらへんもアホらしい限りです。

科協の理念は

 「科学に国境はないが科学者には祖国がある」

だそうですが、
日本人から見ればふざけた話しです。

まあ、警察の捜査が科協に向かったことで、
この総連の科学者集団の実態が
白日に晒される日は近いでしょうし、
総連自体がその犯罪的体質を暴露される日が
刻々と近づいてきたということでしょう。



参考資料リンク

North Korea Today:謎の組織「科協」に迫る

North Korea Today:
 北はウランのレーザー濃縮法を手にしている!


総連「科協」捜索 北への不正輸出の根絶を











スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

この徐相国という人物は、北の核開発の中心人物でもあるそうですね。日本はこんな人を今まで平然と入国させていたのですね。

  • 2006/12/02(土) 19:15:14 |
  • URL |
  • 核開発も #-
  • [編集]

この人たちは今後もずっと日本に住み続けるのでしょうか?

日本ってつくづくおめでたい国だと思います。
日本の公立学校で太極拳掲げ、そのくせ日章旗、国家斉唱反対。

軍備増大させ、日本にミサイル向けて反日教育に励んでいる国にODAを続けると主張する大臣がいたり。

この先を考えると障害が多すぎてなんだか疲れるこのごろです。

  • 2006/12/05(火) 01:09:36 |
  • URL |
  • ジャポネーズ #-
  • [編集]

時が解決するでしょう

いや、上記記事に書いてある「科協のJ氏」とは
徐相国じゃないんですよ。
たしかに同じ姓ではあるんですが。

徐相国も「北の弾道ミサイルの父」とも呼ばれてますが
彼は在日じゃありません。
北朝鮮の人間です。

詳しくはウラジミール氏のこちらのブログでも読んでください。
http://www.pyongyangology.com/index.php?option=com_content&task=view&id=268&Itemid=29


> この先を考えると障害が多すぎてなんだか疲れるこのごろです。

同感ですね (^_^;)

ただ、在日の問題は時が解決するでしょう。
異国の中の少数の民族コミュニティは
時間が経つと共に、その土地の民族に吸収同化されます。
それが歴史の法則です。
そうならなかったのはユダヤ人ぐらいなもので、
ユダヤ人の如く
在日が確固たる独自の倫理体系を持ってるわけではなく、
いずれは日本人の中に同化されていくでしょう。

彼らは組織としてその動きにあらがってますし、
「外国人参政権法」なんてもので
自らのアイデンティティを守ろうとしてますが、
大きな歴史の流れの中ではむなしい努力に終わるでしょう。

  • 2006/12/05(火) 02:17:27 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。