短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

中国:売春婦100人「市中引き回しの刑」

売春婦100人「市中引き回し」に庶民反発 中国で同情論

 中国広東省深セン市で公安当局が
 摘発した売春婦ら100人を「市中引き回しの刑」に処した。
 売春はもちろん違法だが、
 これまで当局も大目に見てきたところがある。
 しかも売春婦は貧農からの出稼ぎ組が多く、
 公権力で見せしめにするやり方に
 「ひどすぎる」「人権侵害だ」と同情が集まっている。
 
 11月29日、深セン市内で、
 同市公安局福田分局が売春婦40人を含む、
 性風俗産業従事者や客ら計100人を引き回した。
 「公開処理大会」と銘打たれていた。
 女性たちは口元を隠すマスクを与えられたものの、
 中国では「ポルノ」を意味する黄色い服を着せられ、
 実名、出身地などが公開された。
 そのうえ、手錠でつながれ、
 ヤジを飛ばす沿道の市民の前を連れ回された。
 この様子は中国中央テレビほか各メディアで報道された。
 
 このニュースに、庶民の間で「人権侵害だ」
 「公権力による個人のプライバシー侵害」と強い反発が起き、
 インターネット上の掲示板やブログに次々と批判が書き込まれた。
 大手ポータルサイト「捜狐」のアンケートでは、
 約3万人のユーザー中、
 公安当局のやり方を「不当」と思う人は83・3%にのぼった。
 逆に「妥当」と考えたのはわずか15・2%だった。
 
   (iza!)


「市中引き回しの刑」ですか・・。

ちなみに、この時の画像がこれです。

    2000.jpg


隣国の嫌悪感を抱くような現実です。

日頃、人権運動に熱心な日本の左翼団体は
こういう中国の現状をどう捉えているのでしょうか?
寡聞にして彼らが抗議したなどととは聞いたことがありません。

さて、先日の記事のコメントに、

 中国の場合は、
 他国からどう見られているかなど
 どっちかというと気にしない国なんでしょう。
 歴史的に気にする必要もありませんでしたし。

 もちろん中国政府高官の中には
 気にする人もいるいんでしょうが、
 国内の施策が海外でどう映るかという観点が
 非常に鈍感な国だと感じます。
 また、その鈍感さが
 この国の強さになってる部分はあると思います。

と書きましたが、
これなどはその典型かもしれません。

もはや中国は竹のカーテンで閉ざされた、
貧しい第三世界ではなく、
驚異的な経済成長を続ける大国です。

また、通信やインターネットの技術の発展は
この種の映像をあっという間に世界中にばらまきます。

おのれの影響力が増せば増ほどに
その嫌悪すべき実態が世界に拡散していくことを
少しは中国政府は考えるべきでしょう。

歴史的にこの国は
自国を中心に物事を考えるクセが身に付いてるために
「他人からみたらどう見えるのか?」という発想が
極めて薄いように感じます。

もはや日本のマスコミも
中国相手に遠慮しなくなりました。
いろいろなブログを見れば
中国の実態に関する情報が溢れています。
人権侵害・環境汚染・言論統制・貧富の差・暴動、等々等。
これはここ数年の変化で、
日本の嫌中感情の高まりと正比例してます。

中国は世界を相手に
「威を正す」という発想を持ってほしいと思います。
また、それが出来なければ
この国の国力が増せば増ほどに
周辺部では嫌悪感と摩擦が増大していくでしょうね。



関連過去記事

中国:ウィキペディアの規制解除とその思惑

中共によるチベット人射殺映像の衝撃・・映像は雄弁に物語る

中国政府「マナー向上」キャンペーン・・失われた道徳

中国:賄賂の横行と公権力の私的乱用・・アジア的汚濁

中国:世界で最も過酷な労働搾取国家・・広東省玩具工場の暴動事件

中国の現状と裏社会・・敏腕「何清漣」氏と中国の地方紙

中国のキリスト教弾圧・・地下教会とバチカン






スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。