短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

イラク:米兵の戦死傷数に関する興味深い統計

なんだかんだ言いつつ、年末年始は忙しくて
おかげでまたもや更新が遅れてしまいました。

ノロウイルスを口実に
酒席のお誘いを断ろうかと思ってたのですが
なかなか難しいものです。
思惑通りにはいきませんでした (^^;)


さて、興味深いニュースがあったので載せておきます。


医療技術で、イラクの死亡兵は予想を下回る 米国

 イラク駐留米軍では、これまでに、
 2001年9月11日の同時多発テロ事件による死者数を上回る、
 3000人近い死者を出した。
 とはいうものの、応急処置の迅速化と医療の向上により、
 これまでの戦争と比較すると生存率は格段に上がり、
 3000人は「予想をはるかに下回る」数字であるという。

 米国防総省(Pentagon)の統計では、
 イラク駐留米軍の死者1人につき負傷者7人以上が出ている計算となる。

 政府説明責任局が6月に発表した報告書には、
 「負傷がもとで死亡する確率は、第2次大戦時には30%であったが、
 アフガニスタンとイランにおける戦闘では、
 医療の向上により、3%にまで低下した。
 しかしながら外傷性脳損傷や手足を失うなど、
 重い障害を負って帰国する人は多い」とある。

 装備や軍事車両の高性能化、空中査察の徹底化も、
 米軍の死傷者数の減少に貢献している。
 イラク戦争は「モチベーションが高く、
 高度に武装した集団を相手にしたベトナム戦争や朝鮮戦争」とは
 性質が違うということも、背景にある。
 イラクの武装勢力は、
 道路わきに仕掛けられた爆弾などの簡易爆発物と
 遠隔操作の迫撃砲を唯一の「武器」として、米軍に対峙している。

 国防総省の統計(9日時点)によると、
 米兵の累計負傷者数は、簡易爆発物によるものが1万1233人。
 迫撃砲やロケット弾によるものが1969人。
 銃弾によるものが1358人。
 落下物に当たったり銃弾の跳ね返りを受けたことに起因したもの、
 爆音による難聴といった副次的な負傷は、1579人にのぼる。
 連合軍による空爆の際に負傷した米兵も663人を数え、
 死者は5人にのぼっている。
 軍用機の墜落事故による負傷者は39人、死者は76人。
 一方で、パラシュート事故、交通事故、
 手榴弾などによる負傷者は比較的少ない。

 統計は、「若い兵士の犠牲者が多く、
 幹部の犠牲者が少ない」というもう1つの真実も
 浮かび上がらせてくれる。
 2日の時点で、22歳以下の負傷者は6704人。
 負傷者の半数以上は24歳以下であるという。
 また、一般兵士の負傷者が1万3800人を超えているのに対し、
 下士官の負傷者は6980人、
 幹部に至ってはわずか1269人にとどまっている。

 人種的に見ると、
 負傷者の75%にあたる1万5807人が白人となっており、
 黒人は1806人、ヒスパニックは1328人である。

 性別では、負傷者の圧倒的大半が男性だが、
 女性の負傷者も434人を数えている。

   (AFP)


ついにイラクでの米兵の戦死者が3千名近くに達しました。

上記ニュースを見ていると
これでも医療の進歩で戦死者の数は抑えられているとのこと。

確かに第二次大戦並みの戦死率であれば
2倍程度に達しているのではないでしょうか。
今、映画で話題になっている硫黄島での戦いでは
戦死傷者2万8600名のうち、
戦死者は6千800名でした。

また、負傷者の内訳が興味深く、
簡易爆発物によるものが最大の1万千名であり、
中国やソ連から武器供与を受けたベトコンや
北ベトナム軍と戦ったベトナム戦争に比べると
戦い自体はさほど苛烈とは言えないのではないかと思います。

それは士官や下士官の負傷率にも表れていて、
一般兵士に比べると幹部の負傷率が少なめであり、
これは散発的な戦闘がほとんどで
全軍をあげての激闘というパターンがあまり無いからでしょうね。

また、相手がよく訓練された軍隊ならば
間違いなく幹部を狙撃してくるでしょうから。

これを見ていて思うのですが、
案外、駐留米軍が現在の3倍程度の兵力があれば
あっさり反米ゲリラの跳梁は
押さえ込めたのではないかと思います。
もっともそれは短期的な話しであり、
10年単位の長期では難しいとは思いますが。

「ローマ人の物語」を書いた作家の塩野七生さんが
マスコミとのインタービューで、

  米国は覇権を維持する覚悟もなく、資格も無い

と言ってましたが、
確かに3千名程度の死者で「撤兵するか否か」とオタオタし、
イラクという一方面の戦争だけで財政的に逼迫する米国は、
世界の覇者たる気概と力量を欠いてると言わざるを得ません。








スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

幹部の負傷率が異常に高い

初めまして、Kと申します。
愛読させていただいております。

> また、一般兵士の負傷者が1万3800人を超えているのに対し、
>  下士官の負傷者は6980人、
> 幹部に至ってはわずか1269人にとどまっている。
>
からは

>それは士官や下士官の負傷率にも表れていて、
>一般兵士に比べると幹部の負傷率が少なめであり、

という結論とは逆になると思います。

元々幹部1人に対して一般兵士は10名以上居る筈なので、率で云ったら幹部も下士官も異常に高い割合で負傷していると思われます。

  • 2006/12/28(木) 18:47:14 |
  • URL |
  • K #LkZag.iM
  • [編集]

米軍の階級の人数比率は?

う~ん、これは逆に教えていただきたいぐらいなんですが・・。

私は米軍のような志願制軍隊は
士官と下士官の割合が徴兵制軍隊に比べると
多いという発想でいたんですね。

米軍の階級による人数比は私もわかりませんが、
まあ、極端な例ですけど自衛隊なんかは
士官・下士官・兵の割合が
大雑把に言えば2:6:2ぐらいの割合でしょう。
兵よりも下士官の方が3倍もいる。

米軍はここまで極端でないにしても
徴兵制軍隊などと比べると
やはり士と下士の割合が高いという発想でいたんですね。
それを前提にして書いたんですよ。

  • 2006/12/28(木) 20:38:35 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

失礼しました

失礼しました。

軍隊については何も知らずにうかつなことを言いました。
組織の人数構成はピラミッドになっていて上のほうが少ないものだとばかり思っていました。
士官と兵卒の数が同じで戦争できるなんて思いもよりませんでした。

  • 2006/12/29(金) 09:06:10 |
  • URL |
  • K #LkZag.iM
  • [編集]

いえいえ

いえいえ、あまりお気になさらずに (^^;)

私自身も迂闊で米軍の階級比人数の資料とかを
下調べして書いたわけではなかったので。

ただ、私のイメージとしては
米陸軍及び海兵隊の士官・下士官・兵の構成比は
だいたい、1:4:5ぐらいで捉えてまして、
だからあのニュースを見てなるほどなあと思ったわけです。

近いうちにカッチリと資料を調べて、
それでもしKさんのおっしゃっていることの方が正しければ
その時点で記事の該当部分は訂正させていただきます。
取りあえず、それまでは保留ということにさせておいてください。

ちなみに、陸自の2:6:2の構成比は
あくまでも極端な例ですし、
これは日本的な諸事情のためにこうなったんですが、
諸外国から見ると疑心の種になっているわけです。

即ち、

 戦時に徴兵制にして大量増員を可能とするために
 組織を中間層の厚いダイヤモンド型にしているのでないか?

と、他国はそういう疑念を持っているようです。

まあ、買いかぶりすぎというものですが(笑)

  • 2006/12/29(金) 21:32:30 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。