短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

韓国:盧武鉉のネット操作と世論誘導・・「ポータルは政権に掌握された」

今日は他人様の記事ばっかりで申し訳ないのですが、
世界日報に面白い記事が載っかってたので
一部引用します。

韓国月刊誌「月刊朝鮮」六月号の記事、
「ポータルは政権に掌握された」の翻訳だそうです。


韓国ポータルサイトは親政権? 政府が記事アップに介入
 
 韓国の主要ポータルサイトに対し、
 盧武鉉政権が“軍紀”を正し、
 ニュースの編集方針に介入している疑いが浮上している。
 
 韓国のJUグループという販売会社が
 不正に二千億ウォン(約二百四十億円)を造成し、
 このうち百億ウォン(約十二億円)を与党政治家などに
 ロビー資金として渡したという国家情報院の報告書を
 大手紙・東亜日報が報じ、その他のメディアも後追い報道した。
 しかし、韓国主要ポータルサイトである、
 ネイバー、ダウム、エンパス、パランのいずれもが、
 このセンセーショナルな内容を
 主要ニュースとして取り扱わなかった。

 また大手週刊誌「時事ジャーナル」が、
 JUグループのロビーにかかわった、
 政官界百五十人のリストがあると報じ、
 これをインターネットメディア「メディア今日」が
 メーンニュースとしてアップしたが、
 これらのメディアが主要ポータルサイトに
 ニュースを供給しているにもかかわらず、
 ポータルサイトには一切アップされなかった。

 一方、ポータルサイトの
 最大の被害者といわれるのが李明博ソウル市長
 (ハンナラ党に所属する次期大統領候補の一人)だ。
 これまで李市長に有利な記事を
 ポータルサイトで見つけることはほとんどできなかった。
 李市長特有の失言のせいもあるが、
 それにしても失言しようものなら例外なく、
 メーンのヘッドラインにアップされる。

 情報通信省のある関係者はかつて、
 「時々ポータルサイトの運営会社関係者を呼んで
 “軍紀”を正す」と語ったことがある。
 ポータルサイトにより被害を被っている立場からすれば
 拍手を送るべき発言だが、
 メディアの立場からすれば到底、受け入れられないことだ。

 ポータルサイトには、
 一日に一千万人がアクセスするという。
 ポータルサイトほど影響力が大きく、
 政権の力として掌握するのに格好の媒体は以前は存在しなかった。
 盧武鉉大統領でなくても少し頭が回る権力者であれば、
 幾らでも権力として
 ポータルサイトを利用できるという点を見抜くであろう。

 すでに五大ポータルサイトには、
 青瓦台ブログが開設されている。
 この過程で青瓦台広報ラインとポータルサイトの
 人脈ができたと予想するのは十分に可能である。
 情報通信省により“軍紀”を正され、
 青瓦台広報とつながるポータルサイトが、
 親政権的なニュースの編集をするのは
 至って当然のことではなかろうか。

   (世界日報)


補足しておきますと、上記記事中に
「青瓦台ブログ」という言葉が何度か出てますが、
これは盧武鉉大統領の公式ブログのことです。

「青瓦台ブログ」一部専門家は「御用メディア」化を憂慮

こんなものを彼は書いてるんですね。
内容は小泉メルマガみたいなものでしょうか。
これが韓国の五大ポータルサイト上に設置されているそうです。

このポータルサイトと体制の癒着を報じた記事内容も凄いですが、
それ以前に、こういうところに着目するとは
いい意味でも悪い意味でも
韓国の政治家はネットに敏感だなあと思います。

「ポータルサイト」の影響力を見抜き、
これを利用し操作することが
世論を誘導することだという盧武鉉の着目は、
非常に興味深いものがありますね。

まあ、日本の政治家は
変な部分は真似する必要はありませんが
いずれ、日本でも同様の事態が生じるかもしれません。

日本の政治家だって
大新聞や記者クラブなどを使って
世論操作をそうとうにやってますが、
彼らがネットに注目するのは時間の問題でしょう。
隣国の特殊なニュースとは言えませんね。

ちなみに、この世界日報掲載の元記事ですが、
世界日報独特のよく分からない編集方針によって
おそらくネット上で自由に見られるのは数日以内で、
それ以降は有料になると思われます。

元記事を見たい人は早めにどうぞ~



スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。