短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

韓国の対北意識と南北首脳会談の伏流


   nomu2.jpg


昨日に引き続き、半島関連について書きます。

まず、北朝鮮の2回目の核実験準備のニュースが
飛び込んできました。

「ボタン押せばよい状態」北の核実験準備、
 韓国メディアも報道

現段階ではこれの真偽は分かりません。
事実かもしれないし、
北朝鮮が仕掛けた情報戦かもしれません。
今は状況を注視するのみです。


さて、私の愛読メルマガ、
「モーニングコリア」の1月5日号に
興味深い記事が2つ載ってましたので引用します。

まず、最初の記事から。


◆子供たち「核あっても北朝鮮は信じられる」

 ケーブルアニメチャンネルのトゥーニーバスで、
 子供を対象に「北朝鮮」を主題にしたアンケート調査を実施した。

 今回のアンケート調査は12月22日から31日まで、
 トゥーニーバスのホームページで実施され、
 満12歳以下の男女子供3579人が調査に参加した。

 まず「北朝鮮といえば最初に浮び上がること」は
 「南北統一」(42%)が最も多かった。
 次に「核保有国」(18%)がつづき、
 子供たちもおとなに劣らず
 北朝鮮核問題に関心を持っていることを証明した。

 また子供2人中1人が核兵器を持っても、
 北朝鮮を信じることができると答えて目を引いた。
 回答者中16%が
 「核兵器を持っても北朝鮮は無条件で信じられる国」、
 36%が「核兵器は持っているが少しは信じられる国」と答えた。

 「南北統一に対する考え」を尋ねた質問には
 「一日もはやく必ずなされなければならない」(53%)が最も多く、
 大多数の子供たちが統一を願っていることが分かった。


この子供の感覚は
ある意味、今の韓国社会の雰囲気を
忠実に反映しているといっていいでしょう。

かつての日本における日教組のように
左翼系教員組合が跋扈している韓国。
この中で子供達は反米親北の教育を受けつつあるわけですが、
その成果がズバリ出たのが上記のアンケート結果ですね。

それ以外にも、階級史観に基づく教育や
社会を持つ者と持たざる者に分かち、
「権力=悪」「体制=悪」と教え込む左派教師たち。
こういう状況の中での学育は
必ずや数十年後の韓国に弊害をもたらすでしょう。
その頃には北朝鮮など存在しないでしょうが、
社会の上層が左派的価値観に染まる害は大きいです。

これは日本での日教組全盛時代の教育を受けた世代が
高位の地位を占めた時期を振り返れば分かると思います。
さらに政治家などはあの世代はトンチンカンな言動が多すぎです。
今の民主党のトップ3人を見れば一目瞭然ですね(笑)


さて、次の記事です。


◆前統一相、金正日と極秘裏に会った?

 ハンナラ党の鄭亨根最高委員は3日、
 「前統一部長官が最近、北朝鮮を訪問して、
 金正日総書記と極秘裏に会った」と主張した。

 鄭最高委員は最高委員会議でこのように明らかにして、
 「昨年、北核実験が実施された10月以後、北朝鮮を訪問して、
 最高指導者に会った前職統一部長官が
 『ハンナラ党が(次期大統領選挙で)政権をとれないように、
 北朝鮮が万全の対策を持っている』
 と直接発言をしたという」として、
 「今年の大統領選挙では、北朝鮮が類例なしに
 直接間接的に介入しようとするだろう」と語った。

 これに対して
 李鍾ソク前統一部長官は「事実でない」と否認した。

 楊昌錫統一部報道官は
 「10月以後、北朝鮮を訪問した前職統一部長官は
 朴在圭慶南大総長だけで、朴総長に直接確認した結果、
 金総書記に会った事実はないと確認された」として、
 「事実でない内容が頻繁に誇張されたり
 大きくなって広く知られるのは決して望ましくない」と語った。

 尹勝容大統領府報道官兼広報首席も
 この日の定例ブリーフィングで「確認してみたが、
 そのような事実自体がないと把握されている」として、
 「常識的に金総書記が
 前職官に会ってくれるだろうか」と一蹴した。


この記事は興味深いですね。
はたしてガセか真実か?

もし事実だとして
金正日と会談した「前職統一部長官」とは誰なのか?
それらしい候補者が多すぎて絞りきれませんけど(笑)

昨日の記事にも書きましたが、

韓国と北朝鮮:春に南北首脳会談実施!?
 ・・情報が乱れ飛んでます

最近、韓国では南北首脳会談の情報が乱れ飛び、
政府や与党の重鎮たちからの
首脳会談に関する発言が多くなっています。

今日もそれに関するニュースが2つ流れました。

統一部長官「南北首脳会談、現政権で必ず開催を」 
 
「南北首脳会談の実現と成果を期待」金前大統領

いろいろときな臭い動きが
韓国と北朝鮮の水面下で行われていると思われますし、
前統一部長官の訪朝と会談も
事実であるならばその一環かもしれません。

この金正日との会談の情報を
野党ハンナラ党の鄭亨根委員は
どこから入手したかは分かりませんが、
うがった見方をするならば
南北首脳会談の阻止を狙う人物が
故意に流しているのかもしれませんね。

それは鄭亨根自身かもしれないし、
別な人物、別な勢力かもしれない。

いずれにせよ、
半島情勢は大きな曲がり角を迎えつつあり、
今は時勢の転換期に当たります。

この時期には様々な動きが起きていくでしょう。
様々な謀略と事件が頻発するでしょう。



メルマガ:モーニングコリア








スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

あの2人が語っている新書の影響で

どこまでがインテリジェンスで、どこからがディスインフォメーションなのか・・・ケイ氏の見立てはどこにあるのでしょう・・・(^^;。

一見クズな情報に潜むインテリジェンスをどう掘り出すか・・・。妄想だけ爆発している私にはそのような素養がないので、クズはクズにしか見えません。

  • 2007/01/06(土) 21:56:56 |
  • URL |
  • クマのプータロー #-
  • [編集]

こんばんは

今年もよろしくおねがいします。
朝鮮半島情勢は確かに動きつつありますね。このままでは中国に取り込まれると考えているのでしょうか。韓国の焦りのようなものを感じます。

  • 2007/01/06(土) 22:10:45 |
  • URL |
  • SAKAKI #-
  • [編集]

ノムの徒党は・・

> クマのプータロー殿

> あの2人が語っている新書の影響で

その親書って私の想像ですが
「インテリジェンス 武器なき戦争」ではありませんか?
この本は私も熟読しました。
非常に勉強になりました。

> どこまでがインテリジェンスで、
> どこからがディスインフォメーションなのか

その判別基準って難しいと思います。
結論の出ない言い方で申し訳ないのですが、
「諸情勢を勘案しつつ判断」としか言いようがないですね (^^;)

情報が真であるか偽であるか?
真であるとして
あるいは偽であるとして
誰がいかなる意図で流したのか?

諜報関係者がよく言う言葉に

 この分野ほど公式発表と真実がかけ離れた世界はない。

こういうものがあると載ってましたね。

まあ、これは精進して
判断力と見識を磨くしかないんじゃないですか。
月並みな答えで申し訳ありませんが (^^ゞ


> SAKAKI殿

こちらこそ、よろしくお願いします m(__)m

> このままでは中国に取り込まれると考えているのでしょうか。
> 韓国の焦りのようなものを感じます。

確かにそれはあるでしょうね。

ただ、その焦りが
太陽政策に基づく、
「北朝鮮の経済的同質化と取り込み」という方向に向かってるわけで
ノムたんの現状認識はお粗末としか言いようがないです。

本当に中国に先に取り込まれることを恐れるのなら、
かつての西ドイツのコールのように
「経済的取り込み」ではなくて
「政治的併呑」を考えるべきです。
ノムや金大中の徒党は太陽政策を推進して
かえって南北分断を長引かせています。
結果的に中国に利するだけですね。

ハードライディングを恐れるあまり、援助をし続け、
結果的に北は暴走し、核を持つまでになりました。
事態を先送りした結果がこれです。

あの北の体制からして
ハードライディング以外の解決方法などないでしょう。

  • 2007/01/07(日) 02:31:32 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。