短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ネットと選挙戦術・・米国と韓国の事情


  cnn.hillary.jpg


今日は短めに書きます。

まずは先月末のニュースからどうぞ。


米大統領選 ネット選挙戦、到来?
  ヒラリー流戦術、対話にフル活用

 2008年米大統領選に向け始動した、
 ヒラリー・クリントン上院議員(民主)が、
 テレビや新聞など既存のメディアを使わず、
 インターネットを出馬表明の場に選んだことが、話題を呼んでいる。
 27日にはアイオワ州入りし、
 いよいよ遊説を開始したクリントン氏だが、
 長く選挙戦の行方を左右する、
 重要なメディアとして君臨してきたテレビに代わり、
 インターネットがその座につくかどうか。
 今回の選挙は、「ネット政治」の本格的な幕開けとなりそうだ。

 ジョン・エドワーズ元上院議員、
 バラク・オバマ上院議員が相次いで大統領選への出馬表明を行った後、
 クリントン氏の出馬表明に全米のメディアの注目が集まっていた。
 しかしクリントン氏は結局、
 記者会見や集会などの従来の形ではなく、
 自らのウェブサイトを使い、
 ビデオ声明を流す形で20日、出馬表明を行った。

 サイト上、赤いスーツ姿で登場したクリントン氏は
 「あなた(YOU)と会話を始める」と切り出した。
 米タイム誌が2006年の「今年の人」に選び、
 流行語ともなった「あなた」、
 つまりインターネットを介して発言し、
 行動を始めた個々の人々を強く意識したメッセージだった。

 同氏は引き続いて3日連続で、
 支持者からの質問に答える「対話集会」をネット上で開催。
 さらに、「ヤフー・アンサーズ」
 (質問を投稿し、不特定多数からの回答を得るウェブサイト)に、
 同氏の長年のテーマである医療保険改革について
 「医療改革のために米国は
 何をしなければならないと思いますか」と投稿し、
 約3万7000件の回答を集めた。

 AP通信によると、こうした一連の作戦で、
 すでに約15万人がウェブサイト経由で
 支持者として登録したという。

 エドワーズ、オバマ両氏ももちろん、
 インターネットに出馬のメッセージを流すなど、
 ネットへの対応には気を配っている。
 しかし、クリントン氏の場合、
 思い切って従来のメディアへの対応を切りつめ、
 ネット最優先の姿勢を示す。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルはこうした戦略を、
 「大統領選での新たな、そして最も重要な戦場の一つ、
 “インターネット予備選”で成功を収めた」と評価している。

 米歴代の指導者は、
 いかにメディアを制するかに多大な努力を払う。
 フランクリン・ルーズベルト大統領は、
 「炉辺談話」と題した毎週のラジオ演説で国民の支持を獲得、
 1960年のケネディ大統領の当選を決定づけたのは
 テレビ討論会の印象だった。
 米国政治におけるインターネット戦略は、
 1990年代末から始まったとされ、
 04年大統領選では、民主党予備選に立候補した、
 ハワード・ディーン元バーモント州知事が、
 ブログ活用やネット経由での資金集めで
 一時旋風を巻き起こしている。

   (産経新聞)


ネットと政治の関係に関しては私は前々から興味を持ってまして、
何度か過去記事でも書いたことがあります。

米国:幻の構想「政策分析市場」・・実にWEB2.0的ではあるまいか?

ユーチューブが選挙を左右する!?・・米国の最新選挙事情

韓国:盧武鉉のネット操作と世論誘導
 ・・「ポータルは政権に掌握された」


上記ニュース中でも
2004年の米大統領選挙において
民主党予備選でハワード・ディーン候補が
ネットを駆使した選挙戦術を取ったことが触れられてますが、
ディーンの手法はあくまでも
サイトとメールを使って選挙資金と選挙ボランティアを
かき集めることに主眼をおいたものでした。

その意味では、2004年時点では
ネットは選挙戦術を補完するツールの一つに過ぎませんでした。

しかし、2008年の大統領選挙は違うと言われています。
もはや一部の新しい物好きが行う選挙戦術でも何でもなく、
選挙の主力兵器そのものになるでしょうね。

米国メディアは
「2008年はYouTube選挙の年になる」と予測しています。

動画を主体とし、サイト上の動画にて自らの主張を伝え、
また、対立候補へのネガティブ攻撃も
動画にて行うという手法です。

ヒラリー以外でも、同じ民主党のオバマなども
積極的にネットと動画を駆使しており、
自身の選挙用のSNSもすでに立ち上げています。

まあ、ここらへんの選挙事情は
日本とは全く違いますね。
日本政界はネットの選挙利用に関しては
かなり保守的ですから。
それが良いのか悪いのかは別問題ですが・・。


さて、米国と並んで
ネットが選挙に強大な影響を与えているのが韓国です。

現在の盧武鉉大統領の大統領選での勝利は
ネットのおかげといっても過言ではありません。
選挙戦術にネットを駆使しつつ、彼は大統領の座を射止めました。

盧武鉉政権:誕生前夜 その2・・ネットと選挙(前編)

盧武鉉政権:誕生前夜 その3・・ネットと選挙(後編)

その韓国も今年末に大統領選挙が行われる予定で
各候補者は早くもネット上でしのぎを削っています。

韓国でも主力兵器はやはり動画です。
韓国ではネット上の動画はUCCと呼ばれています。
User Created Contents(使用者製作コンテンツ)の略です。

韓国では動画サイトが大流行しており、
YouTubeのような投稿サイトも多く、
その中でも「パンドラTV」というサイトが人気です。

ちなみに、このパンドラTVには
ネットのことになると鋭い盧武鉉が
「希望チャンネル」という大統領公式動画コーナーを開き、
記者会見や公務の様子を撮影した映像を流しています。

この画像が「希望チャンネル」ですね。

    nomu.jpg


ノム氏はこういうとこは無駄に敏感な男ですから(笑)

先月下旬、ソウル市内で
「UCCを活用した第17代大統領選挙戦略説明会」が開かれ、
各大統領候補の選挙参謀や
各党の選挙関係者が多数つめかけました。

その説明会では動画サイト運営会社により、
以下のような講義が行われたそうです。

  「人の悪口を言ったり、
  駐車違反している場面が撮られたら10万票マイナス」

  「公の場で居眠りする場面は致命的。
  数百万人のユーザーが携帯とデジカメで
  あなたの活動を動画に収めてサイトにアップするだろう」

  「今度の大統領選挙は、
  一言でUCC選挙といっても過言ではない」

各選挙参謀達は熱心に聞き入っていたそうですね。


さて、米国と韓国の
選挙とネット事情について簡略に書いてきました。

今年末の韓国大統領選挙。
そして米国の大統領選挙。
いかなる「ネット・ウォーズ」が展開されるのか、
興味津々で観測していきたいと思っています。



関連資料リンク

米大統領選:ネット戦略を進化させる両陣営

FPN:大統領選における各候補者のインターネット戦略

韓国で動画投稿サイトが大ブーム・スター誕生&大統領も投稿


関連過去記事

中国:ウィキペディアの規制解除とその思惑

米国:幻の構想「政策分析市場」・・実にWEB2.0的ではあるまいか?

ユーチューブが選挙を左右する!?・・米国の最新選挙事情

中国政府:ネット上の動画も規制へ・・動画は「金盾」の盲点か?

政府:情報ポッドキャストの配信開始・・内容次第だね

韓国:盧武鉉のネット操作と世論誘導
 ・・「ポータルは政権に掌握された」










スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。