短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

タイの新憲法素案と「仏教の国教化」デモ


   m97372.jpg


新憲法に「仏教の国教化」明記を…タイで僧侶ら大規模デモ

 タイの首都バンコクで25日、
 全国から集まった僧侶や仏教徒約1000人が議会を取り囲み、
 新憲法草案に「仏教の国教化」を
 盛り込むよう求める大規模デモを始めた。

 2日間で2万人規模に膨らむ見込みで、
 タイ南部でイスラム過激派のテロが続く中、
 宗教対立をあおる動きに懸念の声が高まっている。

 僧侶らは、これまでの憲法で
 国王を仏教徒に限っている点を根拠に、
 国民の90%が信仰する仏教を国教として新憲法に定めることを要望。
 しかし、18日に公表された草案には反映されなかった。

 僧侶らはデモで
 「仏教の国教化なくして新憲法は国民の支持を得られない」と連呼。
 これに対し、タイのイスラム教団体は
 「タイはすべての宗教のための国であるべきだ」と反論した。
 スラユット暫定首相は「仏教徒の要望はわかるが、
 事を荒立てないでほしい」と述べた。 

   (読売新聞)


タイでは18日に、軍事政権による新憲法素案が発表されました。

その内容の骨子は、

◇上院はこれまでの公選制から任命制に変え、
 議員は憲法裁判所長官、選挙委員会委員長らが選出する

◇下院は地域別比例代表制と中選挙区制の折衷

◇首相は下院議員から選出し、任期は連続2期8年まで

というものです。

タイは1997年に憲法を改正し、
それまで任命制だった上院を公選制にし、
また、小選挙区制の導入することにより、
軍部の影響力の強かったエリート主導の民主制から、
政党主導による完全な民主制に移行した経緯があります。

今回の新憲法素案は
この97年憲法以前の状態に戻るということです。

軍事政権の狙いは
上院任命制によるエリート統治と
下院の地域別比例代表制と中選挙区制の導入により小政党を乱立させ、
政党政治の力を削ぐことを狙ったもので、
この新憲法素案を元に草案をまとめ
9月に国民投票を行う予定です。


さて、冒頭の「仏教の国教化」デモのニュースですが、
タイの国民の9割は仏教徒であり、
軍事政権側もこの動きは相当のプレッシャーだと思います。

しかし、タイは
南部地方のイスラム過激派の問題を抱えており、
もし仏教を国教化すれば
過激派のテロが一層激化するのは間違いなく、
政権はこの要求をのむわけにはいきません。

実は、この国教化を求める仏教徒の背後では
クーデターにより政権を追われた旧タクシン派が糸を引いています。

「仏教の国教化」という、
とうてい政権側がのめない要求を突きつけることにより、
憲法改正そのものを流産させようとの意図です。

まあ、仏教徒は仏教徒で
純真に国教化を求めているのでしょうが、
この動きを利用しようとする勢力と
それを阻止しようとする軍事政権とが
今、水面下で暗闘している状況です。


去年のタイのクーデターは
国王の軍事政権容認と
年中行事と化したクーデターへのタイ人の「感覚麻痺」で
あれよあれよという間に軍部が政権を握りました。

日本の学者やマスコミなどには
この国王と軍部の連携によるクーデター劇を
「タイ式政治安定装置」のような言い方で評した人もいましたが、
この新憲法素案を見る限りは
軍事政権側が軍の発言力増大と政党政治の弱体化を意図しているのは
一目瞭然ですね。

タクシンの暴走を止められなかったのはタイの民主主義の弱さですが、
その上、クーデターを成功させてしまったのも
この国の政治システムのひ弱さです。
決して「タイ式政治安定装置」などという代物ではありません。



関連資料リンク

タイ軍政が新憲法草案公表、エリート支配復活に重点








スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

国教化?ガクガクブルブル

仏教の国教化?
創価の国教化とは大きく違うかもしれませんが、日本ではそのくらいのインパクトありませんか?

ある意味、イスラム原理主義より怖い連中なので、そうならないことを強く強く祈るばかりです。

  • 2007/04/27(金) 20:03:27 |
  • URL |
  • クマのプータロー #-
  • [編集]

SKは・・

私は学会は仏教の範疇に入るのか疑問に思ってます。
釈迦があれを見たら仏教だとは思わんでしょう。

タイの仏教は確か小乗仏教なので
日本仏教とはちょっと毛並みが違うと思います。

  • 2007/04/27(金) 23:07:53 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。