短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

人民元の偽札が蔓延・・東南アジアと台湾


 人民元.jpg


今日は軽めに。
人民元の偽札蔓延のニュースを。


東南アジアに偽人民元蔓延 対ドル上昇で地下活動猛威 
 
 中国と国境を接するベトナムやミャンマーをはじめ
 タイ、シンガポール、マレーシアなど東南アジア各国で、
 偽人民元札の流通が深刻化している。
 中国紙、国際先駆導報が24日までに報じた。

 同紙は「昨年以降、人民元の対ドル相場が上昇したことを受け、
 地下の闇活動が猛威を振るっている」と指摘した。

 中越国境付近でマンガン鉱石開発に投資し、
 中国商人と取引する、あるベトナム人は
 昨年から人民元による現金受け取りを拒否。
 米ドルや銀行を通じた送金を要求しているという。

 このベトナム人は「国境付近には偽人民元札が非常に多く、
 わたしが受け取った1万2千元(1元=約15・5円)のうち
 900元が偽札だったこともある」と指摘した。

 同紙によると、
 ベトナム、ミャンマーなどの中国国境付近で開業する両替商が
 「偽人民元札流通のルート」になっている。

 中越国境付近にはこうした両替商が600以上あるというが、
 両替商の多くは偽札の識別ができない。
 さらに東南アジアへの中国人旅行客が急増し、
 人民元が流通するにつれ、偽札が紛れ込むケースが多くなっている。

 同紙は「人民元の偽造防止に対する認識が依然として低い。
 偽人民元札が東南アジアではんらんする状況が続けば、
 人民元の国際的信用は損なわれるだろう」と警告した。

   (FujiSankei Business i.)


ちょうどこれに関連する内容が
メルマガ「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
通巻第1775号に載っていたので
合わせて引用しておきます。


◇こんな手があったか。人民元偽札が大量に台湾へ上陸
 広東の偽札工場からマフィアが観光客に化けて。。。

 台湾で人民元が堂々と使えるのは金門島だけである。
 しかし台湾本島でも、一部で人民元が流通し、闇のマーケットがある。

 これに目を付けたのが偽札団だ。
 中国大陸では100元、50元という高額紙幣は、
 どんな店でも偽札発見器がおいてあり、
 あやしい札びらはつっかえされる。
 このため近年、偽札団は発見器が見逃しがちな、
 20元、10元紙幣を大量につくって攻勢をかけてきた。
 いずれも偽札工場は広東と推定されている。
 広東のヤクザは山口組よりも怖い。

 香港「東方日報」に依れば、
 昨年だけでも5億4000万人民元の偽札が発見され、
 その増加率は飛躍的。
 スーパーや寝具店など忙しい店を狙い撃ちしているという。

 そして偽札は台湾へ上陸した。
 偽札発見器が整備されていないからだ。
 これまでの偽札の対象はドル、
 日本円、そしてユーロだけだったから。

 台湾の有力紙『自由時報』(4月12日付け)は
 「現在金門島の銀行での人民元レートは
 一人民元が、4・52台湾ドル。
 台湾国会では「人民元の全面開放」を唱える国民党と、
 人民元交換に「断固反対」する与党連合(民進党、台湾団結連盟)とが
 真っ二つに意見が分かれている」。

   (宮崎正弘の国際ニュース・早読み)


両方の記事を合わせて読むと
中国の内情はデタラメとしか言いようがないですね。

まあ、著作権無視の海賊版が堂々と流通している国ですから
偽札がまかり通るのも当たり前なんでしょうが、
実際に中国国内での偽札の横行はハンパじゃないようです。
日常生活で偽札を掴まされることは
さほど珍しいことではないそうです。

台湾では国民党が「人民元の全面開放」を唱え、
民進党と台湾団結連盟が反対しているそうですが、
そりゃ反対が大正解でしょう。

そういえば、こんな悲劇的なニュースもありました。


給料すべて偽札で泣き寝入り―重慶市

 2007年4月12日、重慶市の曽さんは
 2日前に給料として受け取った7枚の100元札(約1500円)が
 すべて偽札だったと警察に届け出た。
 7枚はすべて同じ番号「CC81594721」で、
 警察は事件の証拠品として没収した。

 曽さんによると、
 4月10日に働いている縫製工場から月給をもらい、
 2日後にその札で買い物をしようとして偽札に気づいた、
 だから給料が怪しいという。
 
 しかし縫製工場の経理担当者の話では、給料を手渡した際、
 9枚の100元札を一旦曽さんに支払った上で、
 社長への借金返済としてそこから200元返してもらった、
 この200元は偽札ではなかったから支払った札に問題はないはず、
 しかも受け取ったその場で何も言わなかったし、
 2日たってから言い出すのはおかしい、と主張する。

 法律の専門家によると、通貨はその性質上、
 市民がたとえ偽札をつかまされても
 責任を追求する相手が見つからないのが現実、
 つまり泣き寝入りするしかない、ということだ。

   (レコードチャイナ)


掴まされる方が馬鹿、という捉え方なんでしょうが
なんとも凄い現実です。







スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

世界で一番汚いお札に囲まれ、札を数えるのも命がけですね。くれぐれも指をなめながら札勘定しないように!

  • 2007/04/29(日) 01:36:06 |
  • URL |
  • ジャポネーズ #-
  • [編集]

証拠物件

偽札は、日本の警察では余程大量に出回らない限り、証拠として本物と取り替えてくれます。500ウォンの変造硬貨の時は多すぎて打ち切ったようですが・・・。

当局は、対外的な信頼はもとより、国内での信頼回復に努めるべきですが、ここが中国共産党のアキレス腱になるかもしれません。

  • 2007/04/29(日) 08:42:54 |
  • URL |
  • クマのプータロー #-
  • [編集]

政策もお札も・・

> ジャポネーズ殿

これですね↓

要注意!世界で最も汚い中国人民元紙幣、細菌18万個
http://jp.epochtimes.com/jp/2007/04/html/d81795.html

悪政に加えて紙幣まで汚いようでは
どうしようもないですね(笑)


> クマのプータロー殿

> ここが中国共産党のアキレス腱になるかもしれません。

中共の覇権拡大政策は
それが拡張すればするほどに
反作用が各所からおきてくるでしょう。

杜撰な政策と杜撰な統治システムと杜撰な政治倫理の中共は
覇権を拡大するごとにボロがでてきますよ。
この偽札蔓延などは、その最たるものです。

  • 2007/05/01(火) 23:45:28 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2009/05/18(月) 11:21:51 |
  • |
  • #
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。