短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

加藤紘一・山崎拓:韓国での安倍政権批判


     katouyamazaki.jpg


今日はボリビアかダルフール情勢について書こうと思ってたのですが、
このニュースを見まして頭にきました。

訪韓中の加藤紘一と山崎拓のニュースです。


日本の拉致優先を批判=韓国外相が加藤氏に

 韓国訪問中の自民党の加藤紘一元幹事長と山崎拓前副総裁は1日、
 宋旻淳外交通商相と会談した。
 宋外相は北朝鮮による日本人拉致問題について
 「北朝鮮を話し合いの場に出させてから
 拉致問題を解決していくことが大事だ。
 日本は『拉致問題の解決なくして他の問題は解決しない』と言うが、
 (核問題の)解決にはならない」と述べ、
 拉致問題を優先する日本政府の姿勢を批判した。

   (時事通信)


加藤・山崎両名は
大統領候補の李明博・前ソウル市長や宋旻淳外相と会談したようですが、
いろいろな報道を総合すると、
以下のような会話が飛び交ったそうです。


◇李明博・前ソウル市長

 「拉致問題で日本があまりに強い態度をとると、
 核問題解決に支障が出てくる。
 韓国にも拉致された人は多くいるが、
 それほど騒ぎ立てていない」
 
 「日本があまりにもナショナリズムが強いのではと
 近隣諸国が心配している」

 「日韓関係は過去の問題から
 さらに一段高い関係に高められなければならない」

◇宋旻淳外交通商相

 「日本は『拉致問題の解決なくして他の問題は解決しない』と言うが、
 (核問題の)解決にはならない」
 
 「拉致は人権問題。
 現実的な解決方法をよく考える必要がある」

 「北朝鮮を対話の場に着かせ
 各国が対北朝鮮関係の改善を話し合う過程で自然な形で解決できる」

 「(慰安婦問題に関して)
 われわれは過去を直視し未来に向かおうとしているが、
 そのようにできない場合があり残念に思う」

◇加藤紘一

 「拉致問題と核問題は分離して考えるべきで、
 連携させていては解決は難しい」

 「慰安婦問題は人権に関する問題で、
 韓国民の心を傷つけた問題であるだけに、
 安倍首相は米国ではなく、韓国に謝罪すべきだ」

 「首相の靖国神社参拝は不適切」

 「アジアの中で、日中韓がいいハーモニーの
 協力関係を維持することが大切だ」

◇山崎拓

 「核問題が解決すれば
 拉致問題も解決するという宋氏の考えに私も同じだ」


以上です。

私は何が嫌いといっても
外国に行って自国の批判をする政治家ほど嫌いなものはありません。

かつて社会党などが北京に行って
中国要人と自民党政権の批判をよくやってましたが、
あれほど見苦しい光景は無いと思ってました。

「外交は水際まで」
この原則を加藤・山崎両名は弁えてほしいものです。
いい歳した大人が、ガキみたいな振る舞いはやめてほしいものです。

韓国の李明博や宋旻淳は
日本の拉致問題に関する外交姿勢を「強硬すぎる」と批判し、
李明博に至っては
「韓国にも拉致された人は多くいるが、
それほど騒ぎ立てていない」などと言っています。

韓国の北朝鮮による拉致被害者は
判明しているだけでも480人に達しており、
これにプラスして朝鮮戦争の際に北朝鮮の捕虜となって
今でも虜囚となっている人が千人以上います。

韓国政府はこれらの自国民を救出するどころか、
各種の経済協力によって金政権を支えているわけです。

  「韓国にも拉致された人は多くいるが、
  それほど騒ぎ立てていない」

これは一国の政治家の発言とは思えませんね。
李明博は恥を知るべきでしょう。

「拉致問題と核問題は別個」などと言ってますが、
李や宗や加藤・山崎が好むような
援助と外交的譲歩によって北朝鮮の核放棄を促すという政策は
たんに北の術中にはまるだけのことです。

加藤・山崎両氏に外交的見識が無いのは
単に本人の無能に過ぎないわけですが、
外国に行って自国政府の批判を共に唱和するなどは
これは倫理観の問題です。

たとえば今、韓国では
日本海の表記を「東海」に変更せよと国際機関に働きかけてますが、

政府‘日本海’単独表記を強力阻止へ…失敗なら棄権票誘導

こういう件でこの両名は
韓国政府に抗議の一つでもしたのでしょうか?

他国の理不尽な振る舞いには目をつぶり、
自国政府の悪口を外国要人と唱和するなど
この二人は最低ですね。

無能で、かつ、倫理感が欠如している両名は、
政治家をやめて鶴岡と福岡に帰って
田んぼでも耕してればいいのです。






スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。