短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

中国:公共心の欠如と「社会の恥」・・新型列車がボロボロに

風邪をひいてしまい
少し更新が遅れてしまいました。

今日もまだ熱があるようなので小ネタで失礼を。


中国新幹線、相次ぐ備品持ち去り「社会の恥」

 日本やフランスなど各国の技術を導入したのに
 「国産」と宣伝している中国版新幹線が早くもピンチだ。
 4月18日から各地で時速200キロ以上の高速運転が始まったが、
 乗客による車内の備品持ち去りが後を絶たない。
 来年の北京五輪に向け、
 どうすればマナーが向上するのか中国指導部も頭が痛い。

 「社会公民の恥。
 中国人のイメージに悪影響を与える。
 五輪に向けこうした非文明的行動は注意しなくてはならない」。
 国営新華社通信(電子版)は乗客のマナーに疑問を投げかけ、
 処罰が有効策と指摘している。

 新華社によると、河南省鄭州市の検査場で
 検査員約100人は車内を点検して嘆いた。
 手洗い場のセンサー式蛇口、手洗いや排水の備品が消え、
 飲みかけのジュースが座席に放置されていた。

 中国各紙によると、信じられないほど備品が持ち去られている。
 トイレットペーパーに緊急脱出用のハンマー、
 便座の温度調節用つまみ、トイレットペーパーホルダーの軸など。
 センサー式蛇口のように
 持ち去っても何に使うのか想像もつかないものも含まれている。

 座席の物入れ網が破かれたり、トイレで喫煙したり、
 通風孔へのごみ投入、緊急用ボタンへのいたずら、
 トイレの水を流さない-など悪質なマナー違反も目につく。
 さらには大声を出したり床にたんを吐くなど傍若無人に振る舞う、
 足を前の座席に投げ出して足のにおいを発散させるなど、
 周囲の迷惑を省みない行動もあるという。

 日本の新幹線車両をベースにしたCRH2など高速列車の愛称は
 「和諧(わかい)(調和)」号。
 名前は立派だが、車内の様子は公共精神の欠如を物語っている。

   (iza!)


中国発の仰天ニュースですが、

  日本やフランスなど各国の技術を導入したのに
  「国産」と宣伝している中国版新幹線が~

この出だしからして皮肉たっぷりで笑えますね。

そもそもの発端は、今月の17日、
河南省鄭州市にある鉄道局検査場にて
約100名の技術者が定期検査のために
一ヶ月の運行を終えて戻ってくる新型車両を待ってました。

で、戻ってきた車両を見て彼らは呆然。
唖然自失といった感じでしょうか、
車内はボロボロ、有るはずの備品が消え去っている。

手洗い場のセンサー式蛇口が多数取り外されており、
緊急脱出用のハンマーも何故か無くなっている。
トイレの便座の温度調節つまみが取っ払われ、
トイレットペーパーのホルダーの軸も失せている。

検査をした技術者曰く

  「ただもうむなしさが募るばかり」

・・・深く同情いたします。


もう一つ、類似のニュースを。


無惨に荒らされた慈善イベント
 風車展が見せた公共心の欠如―上海市

 2007年5月19日、上海市世紀公園内で
 「美しい心の世界・慈善風車展」が開催された。
 公園は81863本もの風車で埋め尽くされた。

 この風車は
 貧困家庭への援助を呼びかける募金によって集められたもの。
 主催者は今年2月に風車と1元(約15円)の募金を
 送って欲しいと呼びかけたところ、81863人からの応募があった。
 風車が公園を埋め尽くすさまはまさに壮観そのもの。
 多くの人々が募金に協力したと一目でわかり、
 助け合いの気持ちの大事さを表すかのようだった。

 しかしこの美しい姿も午前中まで。
 風車展は午後には見る影もない、無惨な姿に成り果てていた。
 美しい風車展を見るために訪れた市民らは、
 記念撮影をするために草地に侵入、風車を踏み荒らしたためだ。
 なかには勝手に風車を持って帰ったものすらいるという。

   (Record China)


この調子で北京五輪は大丈夫なんでしょうか?

巷では中国の土地バブルや株バブルを懸念し、
経済的な理由での中国の発展の頓挫を指摘する声がありますが、
私はむしろ、モラルの低さゆえの
頓挫の可能性の方が高いと思っています。

かつて、共産党政権により
古来からの道徳や宗教を叩き潰してしまった中国ですが、
それに代わる新たな倫理体系を見いだせぬまま、
十数億の民衆は痰を吐きつつ、
マナーを無視しつつ、彷徨しているようです。

皮肉な目で見るならば、中国の勃興と成長は
「モラル無き国家に持続的な発展は可能か?」
という文明実験ともなり得るでしょう。






スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

カナダの前政権(リベラル)がシナ(大陸)からの移民を積極的に受け入れる政策を取ったため、その増え方ははんぱじゃありません。まるでシナに占拠されているようです。シナ人の増加と街の「汚さ」の増加は比例し、私が初めてカナダに来た10年前とはえらい違いです。白人さんたちの多くは郊外に移動しています。

現政権(保守)は中共には厳しい姿勢で臨んでいるようです。人の話では、シナからの移民を制限し、もう少し価値観が近いヨーロッパからの移民を増やすのだとか。

そのためかどうか、最近シナ人はこんな手口を使うようになりました。若い夫婦がシナからやって来てコンドミニアムを買い、そこで出産します。子供を残して夫婦はシナに帰り(おそらく永住権保持者ではないため)、「友人」と称する別の夫婦が「子供の世話」という理由でシナからやって来てそこに居付き、また子供を生みます。生まれた子供たちはカナダ国籍を得る事が出来ます。そういえば、最近うちのまわりでもシナ人の妊婦がやたら多いと思います。少し前まではこんなには見なかったと。

シナ人のマナーの悪さをただ嘆いてはいられません。彼らは手段を選びません。必ずとばっちりを受けるのは「常識や良識を持った人々」ですから、どうやって自分たちを守るかを真剣に考えないと。日本も例外ではありません。

うるさい・汚い・くさい・平気で嘘をついたり物を盗んだりする・人種差別主義者・横柄・怠け者・ルールは平気で無視(口で注意しても無駄。何度でも悪い事をする。罰金等で懲らしめないと効き目が無い)・・・これが私がカナダで学んだシナ人の実体です。実際、シナ人を雇っている日本人の苦労話は笑えません。シナで日本人幹部の自殺が多いと読んだ事がありますが、それももうなずけます。

今後もっと広範に彼らの害は撒き散らされるでしょうね。おぉ、いやだ!

ケイさん、風邪は疲れるとひきやすいですからゆっくり休養なさってくださいね。いつも楽しみにして読んでいますが、健康のほうがもっと大事ですからね。お大事に!










  • 2007/05/21(月) 03:51:32 |
  • URL |
  • Mrs. Lindsay #-
  • [編集]

石原都知事の話

> Mrs. Lindsay殿

ありがとうございます m(__)mペコ
だいぶ調子も回復してきました。

> シナ人の増加と街の「汚さ」の増加は比例し、
> 白人さんたちの多くは郊外に移動しています。

たしか石原都知事が
台湾国民党の馬英九と対談した時のことだったと思います。

馬英九がしきりに大陸との友好・交流を説き、
最終的に大陸との統一を目指すと言った時、
石原都知事は、

 「中国人を多く受け入れるととんでもないことになる。
 あなた、池袋に行ってみなさい。
 あそこに数多くいる中国人たちが
 どんな悪事を働いているか、よく見てみなさいよ」

と言ったそうです。
これには馬もぐうの音も出なかったそうですね。

中共は中共で
この自国民のモラル欠如にはそれなりの危機感を持っており、
儒教の復活などをバックアップしています。

ここらへんの事は一度書いたことがありますが、

http://kei-liberty.mo-blog.jp/taihikinsi/2006/05/post_add4.html

また、どこかで書いてみたいですね。

中共と儒教。
なんと、食指をそそるテーマでしょうか(笑)

  • 2007/05/22(火) 00:59:40 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

「中国:儒教の復活と孔子ブランド」を大変興味深く読ませていただきました。「待避禁止!」を初めて知り、息子ほどにお若いケイさんの博学に感心しました。カナダでは高くつくので、日本では日課だった読書に不自由している私の楽しみが増えてうれしいです。

シナでは文革後、漢字を易しいものに変えてしまったためだれも古典が読めないと、どこかで読んだ記憶がありますが・・・全くご都合主義ですね。

白人さんたちは(特にカナダは人権にはうるさいので)、「人種差別」と非難されたくないためシナ人に対する本音をあからさまには口にしませんが、似た様な顔をした私にも向けられる険しい顔から不愉快を察する事が出来ます。(日本人とわかるとほとんどの人がとても好意的です)

日本人は「日本ブランド」の地位を落とさないように努力しないといけませんね。

風邪はひき始めと治りかけが大事です。くれぐれもご自愛くださいね。お返事ありがとうございました。

  • 2007/05/22(火) 05:33:28 |
  • URL |
  • Mrs. Lindsay #-
  • [編集]

あっちは本店のつもりだったんですが・・

> Mrs. Lindsay殿

またまた過分なお言葉、
ありがとうございます m(__)mペコ

もともと、私にとっては「待避禁止」がメインで、
こちらの「短く斬れ」は支店のつもりでした。

ところがいつのまにやら、こっちがメインになって、
あちらは本店のくせに放置状態となっております (ーー;)

まあ、仕事やら何やらで時間が取れないせいですが、
旧日本軍の如く、私の後先考えない拡大癖も大きな原因です。
そのうち、あちらも更新再開したいものだなと
たまに夢想している次第です。

  • 2007/05/24(木) 00:04:55 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。