短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

「台湾」という親日国家・・国交回復と同盟化の前提

台湾:移民したい国、旅行したい国など1位は日本

 最も移民したい国は日本――。
 台湾のビジネス誌「遠見(グローバルビュー)」は29日、
 台湾全土で実施した住民の世界観に関する調査結果を発表した。
 全4質問のうち「移民したい国」「立派だと思う国」
 「旅行したい国」の三つで日本が1位となった。
 「親日派」とされる台湾人の心情が裏付けられた形だ。
 
 調査は今年5月に
 台湾全土で20歳以上の約1000人を対象に実施。
 一つの質問に3カ国を選んでもらった。
 「移民したい国」では日本が32.3ポイントで1位となり、
 米国(29.1ポイント)、
 カナダ(26.5ポイント)を上回った。
 「最も立派と思う国」でも日本(47.5ポイント)がトップで、
 米国(40.3ポイント)に次いで
 中国(15.8ポイント)が3位となった。
 「留学したい国」だけが日本は米国に次いで2位だった。
 同誌は「台湾の人々は日本を入り口にして、
 世界を見ている」と分析している。

   (毎日新聞)


嬉しい話しだね。
親日の国「台湾」。

もちろん、中には反日派の国民もいるだろう。
特に国民党支持者や、
国民党統治下で反日教育を受けた世代とか。

でも、歴史的に愛憎入り交じる複雑な縁を持つ台湾が
こうして全体として親日感情を持ち続けていることは
ただごとじゃないな。

外務省だって台湾に対しては
日本に友好感情を持ってもらうようなアピールなど
何にもやってないんだろうし。
それどころか同省の媚中ぶりは
台湾の親日感情を醒ましかねないぐらいだし。

この台湾の親日感の背景には

1,戦前の日本の台湾統治が全体的に良好だったこと

2,日本人の勤勉で誠実な国民性

この2つが影響していると思う。

政治の分野での、
媚中な政治家や中国寄りの姿勢を上回る規模で
この2つが台湾に親日感をもたらせているわけで
ここらへんは政治家と外務省は感謝してほしいね。
外交上のマイナスを、
歴史と国民性でプラスに転じさせているわけだから。

台湾という事実上の独立国家に対して
本来、望ましい日本の外交姿勢は
かの国を国家として正式に承認して
外交・軍事上の同盟関係を結ぶことだと思う。

これは単に台湾が親日的というだけじゃなく、
かの国が民主主義の自由経済国家で、
交易によって国を成り立たせているという日本との同種性と、
日本と東南アジア・中東へのシーレーンの途上に
あの国が位置しているという地政学的特性。
これを勘案するならば同盟関係の締結は大いにけっこうなこと。

ただ、現在の国際情勢下で
その状態に持っていくには、
それによって生じるプラスより、
それによって生じるマイナスの方が大きすぎる。
ハッキリ言えば日中関係の制約ですが。
よって今、早急にその方向にシフトするのは無理だな。

日中国交回復の際に
中国と結び、台湾を捨て去るという選択を
性急にやりすぎたね。
米国のように「台湾関係法」みたいなやつで
もっとバランスを取ってればよかった。

まあ、今となっては繰り言でしかない。
状況がここまで固定化した以上は
それを変化させるには多大なエネルギーを要する。
現情勢下での台湾との国交回復・同盟化は
益よりも害の方が大きすぎる。
残念な話しだけどね。

もし今後、日本と台湾がその方向にシフトするには
2つの情勢の変化が考えられる。

1,中国の弱体化

2,日中対立の激化

中国が弱体化し、中共政権の威信が落ちれば
弱った中国などに遠慮する必要はない。
中国の抗議など歯牙にかけず、
台湾と国交を回復すればいい。

また、日中の対立が今以上に激化すれば
日本は中国への配慮は無用となる。
むしろ、中国への牽制材料として
台湾との同盟を推進すればいい。

 ◇日本と中国:国交有り

 ◇日本と台湾:国交断交

現在の、この日中台3者の関係は

 1,中国が一定の国力を維持

 2,日中が相互互恵の友好関係を保っている

この2つの前提において有用な状態であって、
これが「中国の弱体化」にしろ、「日中対立の激化」にしろ
前提自体が崩れるならば、
もはや中国への遠慮は不要となり、
台湾との国交回復は可能となるでしょう。

まあ、そういう日が来るのを願ってますよ。
あの大陸の反日覇権国家より親日の台湾と結ぶ方が
個人的には、よっぽど精神安定上望ましい。





スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

ありがとう、頑張って台湾

こんなうれしい、気恥ずかしい思いは久しぶり。ずっと中国、韓国それに北朝鮮とのバトルに明け暮れていましたから、すっかりすれっからしになってしまったけど。やはり愛されてると感じるのは素直にうれしい。日本としても愛を形で返礼しなければ。長野の田中知事、鳥取県が積極的に台湾と交流を続けてるので、中国様の横槍にめげることなく交流が深まるkとを希望します。昨日、アメリカが台湾との交流を見直し、交流を深める、見たいな記事を読んだ気がします。

北京オリンピックあたりに独立宣言できるといいですね。

  • 2006/07/01(土) 00:31:15 |
  • URL |
  • 憂国 #-
  • [編集]

台湾有情

これですね。

◆台湾交流規制 撤廃を米下院決議(産経)

 米政府機関の幹部職員や軍人・軍属に対し、
 台湾当局との交流を規制した国務省のガイドラインについて、
 米下院は28日、規制の解除を求める超党派議員の議案を
 賛成多数で可決した。
 規制解除には上院通過などが必要だが、
 共同提案者のシャボット下院議員(共和党)は、
 「台湾を他の同盟国と同等に処遇すべきだ」と訴えた。

中国の国力が拡大しつつある中、
バランスを取ろうという意味もあるんでしょうね。

米国政府や議会に対する、
中台のロビー合戦も熾烈なものがあります。
特に最近の中国のロビー活動は強烈です。
一度、本店の方で本格的に書こうと思ってます。

中韓との摩擦に飽き飽きしたら
台湾にでも旅行して癒されたいものです(笑)

  • 2006/07/01(土) 01:35:13 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

日中戦争の敵は

日中戦争の敵は中華民国ですよね?

今から正式な平和条約を結ぶというのは如何でしょう・・・もちろんRepublic of China・・・中華民国(台湾)とです(≧▽≦)。

荒唐無稽かどうかは、あり得る可能性がゼロでなければ検討に値すると思われます。まあ、どんな状況でやるかは???ですけど。

台湾だったらどこぞの国と違って平和条約を結んで尖閣列島の帰属を決定することがさほど非現実的ではないと思います。

  • 2006/07/02(日) 19:03:04 |
  • URL |
  • クマのプータロー #-
  • [編集]

台湾友情

ああ、これは
平和条約締結じゃなくて国交回復です。

平和条約自体は「日華平和条約」を結びましたから。
ここで戦争状態は終了ってことでしょう。

で、1972年の日中国交回復で
日本政府は中共を承認して
「日華平和条約」は終了したとの見解ですから。
それを回復するという方向ですね。

ただ、台湾自体の政情変化でもかなり違ってきますね。
たとえば台湾独立派の勢力拡大。

台湾独立派のロジックがいまいちわかりませんが、
彼等は「中華民国の抹殺→台湾建国」という発想なのか、
それとも単なる国号の変更なのか?
これによって日本の対応も違ってくるでしょう。

> あり得る可能性がゼロでなければ

現国際情勢がそのまま継続するのなら
可能性はゼロでしょうね。
ただ、情勢は刻々と変化するわけで
キーワードは「中国の混乱と中共の没落」でしょう。

  • 2006/07/02(日) 21:26:45 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2008/09/09(火) 19:58:08 |
  • |
  • #
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。