短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

韓国政府:左派マスコミに資金援助・・他山の石にあらず

韓国政府、左派系新聞支援へ
 ハンギョレ、オーマイニュースなど12社

 韓国政府傘下の新聞発展委員会は4日、
 新聞法(新聞などの自由と機能保障に関する法律)の
 規定に基づいて検討されていた、
 新聞発展基金の対象メディアについて、
 日刊紙ハンギョレ新聞や
 インターネット新聞オーマイニュースなど、
 12社を選定したと発表した。
 盧武鉉政権擁護の論調が強い左派系が目立ち、
 波紋を呼びそうだ。

 新聞発展基金は、ここ1、2年、
 フリーペーパーの台頭で経営基盤が脅かされている、
 中堅新聞の経営支援が目的とされるが、
 実質的には政権寄りメディアの育成に
 狙いがあるといわれる。

 基金支援の対象に選定されたのは、
 日刊紙ではハンギョレ新聞、京郷新聞の二社、
 地方紙では江原日報、京畿日報など六社、
 インターネット新聞ではオーマイニュース、
 プレシアン、イシューアイの3社、
 雑誌では民族21の1社。
 今年度分として情報化や構造改革などの名目で
 総額157億ウォン(約19億4千万円)が支援される。

 ハンギョレ新聞は
 1987年の民主化宣言とともに発刊された後発新聞で、
 「親北朝鮮・反米」色が濃く、革新勢力の拠点ともいわれる。
 またオーマイニュースは、
 既存の保守的メディアに対抗する形で
 2001年に立ち上げられた市民参加型のインターネット新聞。
 2002年の大統領選で盧武鉉候補が
 終盤の大逆転を果たす原動力になったといわれる。
 このほか民族21は、南北融和を社是とする月刊誌で、
 先月は南北共同宣言六周年を記念する写真展を
 北朝鮮の統一新報、
 朝鮮総連の機関紙・朝鮮新報との共催で行った。

   (世界日報)


左派政権が左派マスコミに資金援助。
ある意味、道理にかなっている?

「民主」や「人権」の旗を掲げつつ、
やっていることは思想統制・言論抑圧。
これが左派の常套手段。

まさに、左派に国が乗っ取られると
こういう風になりますよという見本。

日本の保守層なんかが
この事態を客観的に眺めていたら
いい教訓になるんじゃないかな?
けっして他山の石にあらず、とね。

以下、韓国政府の「新聞法」公布の告示


 報道の役割

 民主主義の社会においては、
 報道は基本的人権の一つである自由な意見表明、
 つまり言論の自由を実現する上で
 市民を支援することが期待されている。

 国家の義務

 表現の自由を促進するため、
 国家は不法な手段を用いて報道に介入すべきではない。
 しかしながら国は、
 報道が適切な役割を果たすことができるような
 市場の秩序を確保する上においては責任がある。
 そのような環境においては
 様々なメディア企業が公正な競争を行い、成長する。
 国は又、報道による権力の乱用の可能性から市民を守り、
 報道により不当な扱いを受けた場合には
 補償を受けることができるような手段を
 市民に対して与える義務がある。


言ってることは額面上はすごくまともに見える。
でも、よーく見ると
言論への政府の介入を正当化するような文言が
チラホラと挟まれている。
こういうのは左派の常套手段。

「自由」を高らかにうたいあげつつ、
左翼思想のエッセンスを少しずつまぶしていく。
万国共通の、政権内への左派の侵入パターン。

日本でいうと、歴史教育やジェンダーフリー、
ここらへんに、この「常套パターン」が散見される。

さて、上記ニュースには
「新聞法の規定に基づく新聞発展基金の給付」
という言葉がある。

以下、韓国政府の「新聞発展基金」に関する告示


 新聞発展委員会が情報源の多様性を保障し、
 新聞業界を発展させるために
 文化観光部の傘下に設置される。
 文化観光部長官は、国会の議長により推薦される2名、
 韓国新聞協会により推薦される1名、
 全国メディア労働者組合により推薦される1名、
 韓国ジャーナリズム連盟により推薦される1名、
 そして市民団体により推薦される1名を含む、
 9人の委員会メンバーを任命する。
 メンバーには女性が含まれていなければならない。

 新聞発展基金は、新聞産業の発展のための
 様々なプロジェクトに資金提供を行うために、
 政府およびその他の関係者により創設された基金で、
 読者の権利を保障し、新聞流通構造を改善する。
 同基金は又、メディア団体の公益プロジェクトを支援する。
 新聞発展委員会が、基金を運営する。


この中の、

  全国メディア労働者組合により推薦される1名、
  韓国ジャーナリズム連盟により推薦される1名、
  そして市民団体により推薦される1名を含む、
  9人の委員会メンバーを任命する。

ここがくせ者ですね。
この「市民団体」って何なのでしょうかね?

マスコミは社会の木鐸であり、
その健全な発展は自由主義社会の強さにつながる。
だから、新聞業の発展に国家が力を貸し、
一定の資金を給付する。

まあ、理屈は素晴らしいさ。
でも、結果が左派マスコミへの傾斜では
意図があまりにもミエミエすぎる。

作用があれば反作用がある。
強烈な力の行使は、強烈な反作用を引き起こす。
これは物理の法則であると同時に社会の法則でもある。

この盧武鉉政権の行き過ぎた「作用」は
やがて強烈な反作用を生むでしょう。

余人はこの国の現状を見て左傾化を憂うけど、
私はむしろ左傾化の反作用を憂うよ。
左傾化とは一言で言えば、反政府・反体制・反秩序。
その行き着く先は、
社会秩序の心棒たる倫理の崩壊、権威の喪失。

左派の政策は社会に「混沌」を生み、
その「混沌」に対する憎悪から
激烈なまでの秩序への渇望が生まれる。
作用に対する反作用がやがて返ってくる。

そう、この政権の行き過ぎた左傾化は、
やがて強烈な右傾化となって戻ってくるでしょう。
統制国家と全体主義、自由の喪失、単一な価値観。

生きた歴史の教訓が隣国で展開されている。
これは他山の石にあらず。




スポンサーサイト

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

日本のメディアに、そして日本人に望むこと

もっと、自分勝手に世界を見ることが大切だと痛感します。
我々日本人が「どうするのか」がもっとも大事なのであって、アメリカがどうする、とか、中共がどうするというのは、日本がどうするのかを実行する過程で「考慮」すればよいという程度の話だと私は思うからです。
もちろん、その「考慮」は決定的なことが多いのが玉にキズなのですが、オプションは敵失だけではなく自己創出しなければならないものです。そうした努力をしているのは世界に伍して戦うごく一部の方にしか見受けられません。

「日本」を主語に据えた議論がなされる日、というのは来るんでしょうか、たぶん来る前にどこかの国が占領してしまいそうな気がします。

  • 2006/07/06(木) 09:55:16 |
  • URL |
  • クマのプータロー #-
  • [編集]

国家理念と世界秩序

要は、国家理念と
国家理念に照らしたあるべき世界秩序を明確にし、
それを達成すべき手段として国家戦略を構築するということですね。

日本人は政治家も含めて
こういう発想が少なすぎです。
現国際秩序を所与のものとして無前提に受け入れて、
その中でどうすべきかという発想ばかりですね。

  • 2006/07/06(木) 16:07:47 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。