短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

韓国:媚朝の盧武鉉政権、窮地に・・ミサイル乱射の余波

韓国「日本は北ミサイルで騒ぎ過ぎ」

 韓国青瓦台(大統領官邸)は9日、
 北朝鮮のミサイル発射問題に関する声明を発表、
 「無理に日本のように未明から大騒ぎする必要はない」
 と述べた。
 
 声明は盧武鉉政権が同問題で
 積極的な対応を取っていないとの
 国内からの批判に反論したものだが、
 日韓の姿勢の違いが浮き彫りになったことで、
 今後の連携に影響が出る可能性もある。
 
 また青瓦台の宋旻淳・統一外交安保政策室長は同日、
 聯合ニュースに、日米などが国連安全保障理事会に提出した、
 制裁決議案の効果に疑問を呈し、
 制裁自体にも批判的な見方を示した。
 
 青瓦台の声明は、韓国政府の「落ち着いた」対応は、
 国民を不安にさせないようにとの
 大統領の意思によるもの、と説明。
 過去に独裁政権が南北関係を緊張させ、
 政治的に利用してきた歴史から抜け出さねばならないと訴え、
 「(ミサイル発射は)政治的な事件にすぎず、
 安保上の非常事態に至るものではない」と主張した。
 
 その上で、朝鮮半島の緊張を高めることは
 問題解決につながらないと強調。
 「大騒ぎで国民を不安にさせてはならず、
 大きな声を上げずに少しずつ対応している」と、
 日本政府との対応の違いを取り上げて
 韓国政府の方針を説明している。

   (産経新聞)


このニュースを見た保守系ブログの面々は
皆、激高しているようです。
まあ、そりゃそうでしょうね。

いちいち日本と比較して自らを語るのは韓国人の通弊ですが、
こんなことまで引き合いに出されたくないものです。
そりゃ怒るっちゅうねん。

この韓国大統領府の声明は
今回の北朝鮮のミサイル乱射に対して、
韓国政府の対応が生ぬるいことから
韓国内の保守派論客やマスコミなどから猛烈な批判の声が上がり、
それに対して反論したものです。

 「果たしてわが国の安保上の危機だったか?」

 「日本のように明け方から
  大騒ぎしなければならない理由はない」

 「安保独裁時代の政権は北の脅威をつかって国民を威嚇したが、
  南北関係は改善された」

 「大統領の最大の関心事は国民を不安にさせないことだ」

 「テポドン発射の可能性は事前に広く分かっていた事実だ」

 「政治的事件であり、わが国の安保問題ではない」

 「どの国も非常事態を発令しなかった。
  どこの誰を狙ったものでもなかったからだ」

もうボケボケですね。
特にスカッドなんて
もろに韓国と日本狙いじゃないですか。

日本の平和ボケに対する、
盧武鉉政権の対北ボケにも困ったものですが、
これに韓国の保守派はそうとうの危機感を感じてるようです。

実際に、先日の地方選の大敗といい、
ここのところの支持率の急降下といい、
盧武鉉政権の評判は地に落ちつつありますが、
今回のミサイル乱射と韓国政府の対応を逆に奇貨として、
韓国の保守陣営は猛攻撃にうつってますね。

韓国の保守系3大紙を見てるとよくわかります。
ここ数日の彼等の政府攻撃の論調の激しさは
ハンパじゃありません。


<朝鮮日報>

弁明が弁明を生む大統領府の「戦略的沈黙論」

【ミサイル発射】つじつまが合わない韓国政府の説明

【ミサイル発射】甘さ露呈した韓国の危機管理体制

【ミサイル発射】盧大統領の「戦略的沈黙」

【ミサイル発射】集中砲火浴びる韓国国防長官

<中央日報>

危機対処ろくにできない政府なんて信じられるか

国民を心細くする政府の安保不感症

韓国「制裁より対話優先」、米国「5カ国対話だけでも制裁」

「安保が信頼されないのは大きな問題」…与野党が批判

1998年とは違う北ミサイル韓日米共助

<東亜日報>

ミサイル発射にもかかわらず肥料支援

さらけ出した危機対応体制の不在

政府の対北朝鮮政策「筋が通っていない」

韓国政府を「もてあそぶ」金正日政権

重心失った政府、内輪もめで揺れる韓国


まあ、こんな感じなんですね。

特に極めつけが中央日報で、

  <コラム>いっそ金正日氏に学べ

こんなヤケクソのような記事も書いています(笑)

いずれにせよ、
ただでさえ支持率が低下している盧武鉉政権が
今回の事件で猛パッシングを受けて窮地に陥るのは間違いなく、
また、韓国内の保守派は勢いを取り戻し、
代わりに親北派は首を縮めている格好です。

これも「ミサイル乱射」の副産物ですが、
日本にとっては良い展開となってきましたね。



関連過去記事

日本の国家戦略と中朝の離反

北朝鮮の強硬路線と日米の制裁強化・・妥協無しの暴発レース

北朝鮮:テポドン・ノドン、ミサイル連射・・強攻策の行き着く先は?

テポドン発射と日本の防衛体制・・その不備と悪弊

米国:対北朝鮮先制攻撃論の台頭・・「射程範囲内」の衝撃



スポンサーサイト

テーマ:北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

そして時計は戻された

武大偉が北朝鮮に行っている間に国連代表部は安保理「制裁」決議を回避しそうですね。「非難決議」という妥協も探られ始めています。

妥協するなら決議回避の条件に「拉致問題の日本主導による完全解決」を加えなくてはなりません。が、大島国連大使にそこまでの図々しさがあるかどうか・・・。日本国民相手には発揮できるとてつもない図々しさを、中共やチョン公共を始めとする国際社会に対して発揮してもらいたいものです。

3歩進んで2歩下がるのは外交の常ではありますが、今回は私も「頑張っているなぁ」と感じているだけに、このまま収束に向かって欲しくないです。

  • 2006/07/11(火) 18:15:40 |
  • URL |
  • クマのプータロー #-
  • [編集]

裏目ですね

TBありがとうございます。
盧武鉉政権は、お決まりの「日本カード」を使おうとしたのでしょうが、さすがに裏目に出たようですね。「北の脅威を指摘することは安保独裁政権のやることだ」と取られかねない発言をしたのでは、国内保守派の猛反発を喰らうのも当然といえましょう。

  • 2006/07/13(木) 00:20:50 |
  • URL |
  • 猫研究員。 #RAa2TALo
  • [編集]

トドメの一撃

レスが遅れました m(__)m

> クマのプータロー殿

今回は終息はしないと思いますよ。

北朝鮮は国自体がもう保たないでしょう。
どれだけ中国がカンフル注射しようとも
社会システムがガタガタになって
はや10年以上が経過してますし、
国家を支える社会倫理が希薄になってますからね。

社会倫理が崩壊した国では
国を支えるうるのは実利と力のみで、
金の分配が出来なくなった金正日では
そろそろ見限られるでしょう。

今の時代は外国勢力の侵入ってことが
昔と違って難しいので、
あの国の倒れるのが遅れているだけです。

100年前だったら、
とうに外国の一撃でトドメを刺されているでしょう。


> 猫研究員殿

韓国内の動きは興味深いですね。

北はハンナラ党を敵視してますが、
今回の事態はハンナラ党の勢力増大につながったわけで、
北の戦略もちぐはぐなものです。
まあ、それだけ彼等が追いつめられているってことでしょう。

米国の経済制裁は
傍目から見ているよりも
かなり効いてるんでしょうね。

  • 2006/07/13(木) 02:52:29 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。