短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

告知:本店ブログ更新・・盧武鉉政権:誕生前夜 その4

やっと、本店ブログを更新しました。

盧武鉉政権:誕生前夜 その4・・国民参与と「族閥言論」

またまたえらく間が空いてしまいました。
う~ん、弁解のしようもありませぬ (^^;)

今回は、盧武鉉の大統領就任後の
ネットを駆使したポピュリズム全開の政治について書きました。

ネットによる閣僚の推薦受付、
強烈な速度の情報公開、
保守系マスコミとの激烈な闘争、
さらに、あの国のネット上の謀略工作、などなど。

次回の「その5」では
大統領就任後に早くも露呈した盧武鉉の親北・反米政策の数々。
そのバリバリの左派っぷりを書きます。
しかも、間を開けずに(笑)



スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

如何お考えですか?

ノムヒョン政権を誕生させたオーマイニュースが来月から日本でも発信されます。
反日主義者ノムヒョンの意向をくんで日本にも朝鮮賛美のポピュリズムが生まれ将来の禍根となるのではないかと恐れています。如何お考えですか?逆に日本資本で韓国において
「オーマイニュース」を発信することは韓国政府は認めないだろうと思います。

  • 2006/07/15(土) 14:17:43 |
  • URL |
  • ネット #-
  • [編集]

ポピュリズムの功罪

記者クラブの廃止は日本でも緊急にして古い問題です。韓国の記者クラブ制度は日本統治時代からの遺産です。「由らしむべし、知らしむべからず」を官僚機構が実施する場合は大変効率的なシステムとして機能してきました。

この部分についてはノム大酋長の功の部分として評価したいと思います。罪の部分は・・・まだ任期が続くので果てしないと言ったところでしょうか。第5弾にその評価を預けます(^^;。

国を挙げて捏造をやると、記者クラブより効果あるんですね。

  • 2006/07/15(土) 17:39:15 |
  • URL |
  • クマのプータロー #-
  • [編集]

記事レスと記者クラブ

> ネット殿

レスを書いてたんですが長くなってしまって、
いっそのこと記事にしました(笑)

こちらをご覧になってくださいませ。
http://mijikaku.blog67.fc2.com/blog-entry-87.html


> クマのプータロー殿

> 韓国の記者クラブ制度は日本統治時代からの遺産です

おお、それは知りませんでした。
φ(.. )メモシテオコウ

> 国を挙げて捏造をやると、記者クラブより効果あるんですね。

確かにそうですね(笑)

あの国の国民性ってものは、
一言で言えば、自他の客観視が出来ないことでしょ。

大なる中国の隣にいたせいで、
国際情勢や国家間の関係というものを
「大か小か」「上か下か」でしか
捉えられないんでしょうね。

今のような国家と国家が
それなりに共存している国際環境が何百年か続かないと
あの国民性は変わらないでしょう。

  • 2006/07/17(月) 00:10:44 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

バロメータ

レスありがとうございます。読ませていただきました。

ところで最近の朝鮮日報、結構客観的なまともな記事が続いてます。問題はこれを韓国人が受けいれることができるかですね。サッカーの李解説者の苦言受け入れることができるか、彼を売国奴とするか。

  • 2006/07/17(月) 00:51:59 |
  • URL |
  • ネット #-
  • [編集]

韓国社会の中の新聞業

嘲笑ネタの対象になることが多かった朝鮮日報ですが、
最近、けっこうまともな記事が多いですね。
「太田述正」さんなんかもかなり評価してますし。

理由はやっぱり、ここのところ、
対北・対米的に盧武鉉政権の失策が続いてるからでしょう。
保守系マスコミは従来の韓国の国家理念に基づいて
盧武鉉のやり方に反対意見を突きつければいいだけであって、
さほど内容自体を凝る必要はないと思うんですよ。
アンチテーゼを掲げればいいだけですから。

問題は「対日」ですね。
ここです。
ここにかかると急に論調が乱れ始めます。

理由は2つでしょう。

1,韓国社会が日本に対する歴史的な清算が出来てない。
  良い部分は良く、悪い部分は悪いという発想が出来ない。
  日本に関わる歴史絡みは全て「悪」になってしまう。

2,そういう韓国社会の中で
  新聞業を営む商売上の打算。

本当のことが分かってないか、
分かってても、商売上言えないか、
どちらかでしょうね。

  • 2006/07/17(月) 23:59:24 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。