短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

オーマイニュースは日本で成功するか?・・読者さんへのレス

告知記事のコメント欄で
読者さんの「ネット」殿からコメントをいただきまして、

告知:本店ブログ更新・・盧武鉉政権:誕生前夜 その4

  > 「如何お考えですか?」
  >
  > ノムヒョン政権を誕生させたオーマイニュースが
  > 来月から日本でも発信されます。
  > 反日主義者ノムヒョンの意向をくんで
  > 日本にも朝鮮賛美のポピュリズムが生まれ
  > 将来の禍根となるのではないかと恐れています。
  > 如何お考えですか?
  >
  > 逆に日本資本で韓国において
  > 「オーマイニュース」を発信することは
  > 韓国政府は認めないだろうと思います。

これに対するレスを書いていたら
なんか、えらく長くなったので
いっそのこと一つの記事にしてしまいました (^_^;


さて、オーマイニュースが日本で認められるか否か?
ポイントは2つだと思います。

オーマイニュースが爆発的に伸びたのは
金大中政権の終わり頃ですが、
この時の韓国は80年代以降の民主化の進展と相まって、
若者達の中で、従来の韓国の国家体制・社会構造を旧弊視し、
これを打破しようという機運が生じていました。

韓国の新聞は
保守系の大手三大紙がシェアの多くを占め、
三紙ともにガチガチの保守系です。

この中で、
保守系の新聞紙面や
とかく政府と癒着しがちな大手紙に飽きた若者が
ITやネットの進展と共に
オーマイニュースに飛びついた側面がありました。

ひるがえって現在の日本を見ると、
韓国とは正反対に
大手マスコミの左傾路線は相変わらずです。
朝日・毎日・NHKはいつもの如く偏向報道、
読売がまあまあ、産経だけが孤軍奮闘といった感じです。

そこにオーマイニュースの日本語版を持ってきて
その編集方針・政治的傾向性を韓国版と同一とするならば、
ただの「朝日のネット版」が生まれるだけです。
なんのインパクトも生まないでしょう。

日本のネット上での政治的主張というものは、
韓国とは違って、どちらかというと保守的意見が主流で、
マスコミ報道の左っぷりを
ネット上の保守論調が修正をかけるという傾向が、
ここ数年続いているように感じます。

中韓などの言う「日本の右傾化」とは、
ネット世論が引っ張ってる割合がかなり高いように思います。

こういう点も、オーマイニュースが躍進した、
2002年頃の韓国の状況とは全く逆で、
今の日本のマスコミとネットの状況から考えれば、
オーマイニュースが始まっても
あまりインパクトは無いように感じますね。

あと、ブログの存在も大きいですね。
2002年の韓国にはブログは無く、
2006年の日本ではブログが隆盛を迎えています。

多くのブログが時事や政治の話題を追っかけて、
それぞれ論考・分析・主張を行っているわけで、
このパワーは侮れません。

オーマイニュースで言う「市民記者」的な存在を
個々のブログの書き手達がすでに実践してるわけで、
この意味においても、数年前の韓国で
オーマイニュースが登場したときのような新鮮味は
今の日本のネット状況ではあまり感じないでしょうね。


もう一つのポイントは「人材」です。

結局、マスコミのみならず一般の企業にもいえますが
良き人材を集めること、これが全ての全てです。

良き記者を集め、それをバックアップし、
良き記事を書いてもらうこと。

記事の内容が良質であれば自然と読者はついてきますし、
逆に下手であれば、どれだけ宣伝費をかけても
読者は集まりません。

ここらへんネットはシビアで、
読者は集まるときは早いけど、散る時も早いです。
自分がブログを運営してるからよく分かります(笑)
一般の新聞のように
洗剤やナベで囲い込むわけにはいきません。

オーマイニュースという箱が立派でも
中の記者が貧弱であれば誰も見向きもしないし、
逆に箱は貧相でも、
個々の書き手が良質な記事を継続して生んでいけば
ネットの伝播力というものはあっという間です。
評判が評判を呼び、人が集まるでしょうね。

報道記事と言うものは大雑把に分ければ2種類あって、

1、情報の供給

2、情報の解説・考察

この2つですね。
情報そのものの供給と、その情報の解説や考察。

で、1の情報の供給は
オーマイニュースのような市民記者では難しいでしょう。
身近な事件・事故や地域ネタならともかく、
政治や国際情勢に関する情報取得は
ただの市民記者の取材能力では無理でしょう。

大手新聞でさえ、
海外のみならず国内の情報に関しても、
共同や時事といった通信社に頼ってる現状です。

結局、市民記者が作成しうる記事と言うのは
2の「情報の解説・考察」ですね。
こっちが主体となるでしょう。

そして、扱う内容が複雑かつ規模が大きいほど、
「解説・考察」には一定の知識と見識が必要となります。
市民記者の中にそれを持っている人材を集めきれるかです。
ここが大きなポイントになるでしょうね。

それは、このオーマイニュースの
会社の方針や編集方針次第でしょうけど、
「朝日のネット版」では
当たり前ですけど、いい人材は集まらないでしょう。



関連資料リンク

「オーマイニュース」日本版設立へ ソフトバンクが出資

ブログでも2chでもない「市民新聞」とは
  オーマイニュース鳥越編集長に聞く






スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

念のため

ご丁寧にありがとうございました。

おっしゃるようにオーマイニュースの開店ブログの記事より多彩なコメントを読むほうがよっぽど参考になるなと言うのが感想です。これは中央日報を読んでも感じたことです。ブログの管理人を主とする日本のネット読者の質は高いと感嘆いたします。したがって韓国のようにネット記事に煽られプレビシットの危険を冒すような事態にならないとは思います。もっとも朝鮮資本なので用心にこしたことは無い。まめにチェックします。

2chの情報力は侮れません。

  • 2006/07/17(月) 00:41:22 |
  • URL |
  • ネット #-
  • [編集]

恐れるべきは

あまり考えたくない展開としては、日本の大手新聞がオー・マイ・ニュースを引用することです。

ネット版共同通信となるとすれば少々厄介です。

F5攻撃が日本でも市民権を得る時代が来るかもしれません(≧▽≦)。

  • 2006/07/17(月) 06:28:57 |
  • URL |
  • クマのプータロー #-
  • [編集]

1ch.tvと同じニオイがする(笑

  • 2006/07/17(月) 21:38:33 |
  • URL |
  • リュート #4A9T8td.
  • [編集]

プロとアマ

> ネット殿

韓国のオーマイニュースの論調は
特に対日になるとひどいもんですね。
あれが「市民記者」の限界でしょう。

私はインターネットの
自由な感覚をこよなく愛しますが、
やはり、どの職業でも、どの分野でもそうですが、
ある程度内容を突き詰めていけば、
一定のレベルを保つにはプロ化せざるをえません。

その道でメシを食っていく仕組みを作らないと
どういう分野であれ、
一定のレベルを維持するのは無理ですね。

私は、市民記者という発想は嫌いじゃありませんし、
読み物としてそういう選択肢もあってもいいと思います。
他ならぬ、この私のブログなんかも
アマチュアの書いたものですから。

ただ、そういう存在は
マスコミや論壇の主流にはならないでしょう。
やっぱり脇役的な存在だと思います。

> 2chの情報力は侮れません。

同意です。
あそこの情報力は侮れません。
特に真面目なスレなんかは情報の宝庫ですね。

しかも面白いし(笑)

  • 2006/07/18(火) 00:19:20 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

レベル次第でしょう

> クマのプータロー殿

> ネット版共同通信となるとすれば

そこまではかないと思いますよ。

所詮、オーマイニュースは
一次情報じゃなくて
それを受けての解説・論考が主でしょう。
それを流用することは
まず、あり得ないでしょう。

ただ、内容のレベルが高くなり、
社会がその存在を認めるだけの影響力を有した場合、
引用する新聞とかは出ても不思議じゃありません。

でも、そんなレベルには達しないでしょうけど (^^*)


> リュート殿

> 1ch.tvと同じニオイがする

なんか懐かしい名前ですね(笑)
1チャンってどうなったんだろう?
まだ、あるのかな?

  • 2006/07/18(火) 00:20:19 |
  • URL |
  • ケイ@管理人 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。