短く斬れ

ニュース・短評・データ・資料を怒濤の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

産経の新サイト「iza!」・・「いわゆる“産経っぽいコラム”はあまり読まれない」

ネットと新聞、読まれる記事は「驚くほど違う」

 「新聞の作り手が『読まれている』と思っている記事と、
 ネットでページビューを稼ぐ記事は、かくも違うのか」
 産経新聞社のデジタル部門を分社化した、
 産経デジタルの阿部雅美社長は、
 ネット記事の読まれ方に驚いたと語る。

 産経デジタルは、昨年11月に設立した新会社。
 「Sankei Web」「ZAKZAK」「SANSPO.COM」
 「フジサンケイ・ビジネスアイ」のサイトや、
 記事ごとにトラックバックを受け付ける、
 新コンセプトのニュースサイト「iza!」を運営している。

 これらのサイトでよく読まれる記事は、
 産経新聞の“常識”とはかけ離れていた――
 産経新聞東京本社の社会部長などを歴任した阿部社長は、
 このほど都内で開いた説明会でこう明かした。

 「私がやってきたような
 (堅い)記事が読まれるだろうと思っていたのだが、
 実際に読まれるのは柔らかめの記事や、ちょっとした話題。
 IT関係もよく読まれており、トラックバックが多く付く。
 いわゆる“産経っぽいコラム”はあまり読まれない」

 この結果は「新聞を作っている側からするとショック」で、
 産経新聞社内でこの結果を示した時は
 「みんな驚いた」という。
 だが「ネットで読まれる記事ばかりを集めて
 新聞にしても売れない」とも語り、
 新聞に期待されるパッケージングと、
 ネットに期待されるパッケージングは異なるという考えだ。

 新サイト「iza!」は、
 ネットのパッケージングに特化した作り。
 ネットユーザーに受ける記事や、
 トラックバックしたいと思ってもらえる記事を
 前面に押し出して掲載していく。

   (ITmedia)


産経の「iza!」も出だしは好調みたいね。
トラックバックの数がどんどん増えていってるし。

まあ、RSS対応だから
アクセスが多くなるのは当たり前。
一般の新聞サイトでRSS対応しているところは少ないしね。

で、問題の発言。

  「私がやってきたような
  (堅い)記事が読まれるだろうと思っていたのだが、
  実際に読まれるのは柔らかめの記事や、ちょっとした話題。
  IT関係もよく読まれており、トラックバックが多く付く。
  いわゆる“産経っぽいコラム”はあまり読まれない」

う~ん、産経の社員諸氏にしてみれば
これはけっこうショックだったかもね。

でも、これは普遍化に伴う問題ってことでしょ。

産経の読者ってのは
要するに「産経ファン」が多い。
もちろん全てが全てじゃないんだろうけど、
他紙に比べれば固定ファンの割合は多いと思う。

でも、記事の内容やレベルを別にすれば
産経ほど魅力の無い新聞も珍しい。

鍋や釜はくれないし、
折り込みチラシは貧弱だし、
田舎に行けば専売店が無いところも多いし、
巨人戦のチケットだってくれない。
受験にも出ない(笑)

そういう劣勢の中で、産経を読み続けるのは
ひとえに記事が好きだから読むのであって、
これが内容が朝日や毎日レベルだったら
アホらしくて解約の嵐だろうさ。

だから、産経新聞は固定ファンで支えられている。
でも、それは日本の中の一部の層であり、
ネットユーザーの中でも一握りに過ぎない。

産経新聞を読む人は
当たり前だけど、産経新聞であること自覚して読む。
でも、「iza!」を訪れるネットユーザーは
産経だろうが何だろうが知ったこっちゃない。

RSS対応で便利なニュースサイトだから訪れる。
産経の真面目なニュースもあれば
フジサンケイ・ビジネスアイの商売やITのニュースもある。
ZAKZAKのお馬鹿な記事に笑い転げ、
サンスポでスポーツ記事を読み、
アイドルのグラビアを楽しむ。

こういう総合的な便利なニュースサイトだから
アクセスも上がっていく。
決して産経の論調が読みたくて通ってるわけではない。

有料の金払って選択する新聞紙と違い、
ネット上のサクサク読める無料のニュースサイトの違いだね。
一部ファン対象の新聞と
不特定多数のネットユーザーを対象とした、
普遍性を持たせたニュースサイトの違いでしょう。
客層が違うってこと。

もちろん、私もそうだけど、
産経ファンゆえに「iza!」を利用している人もいるでしょう。
でも、それは少数派。

この傾向はますます強まる。
「iza!」のアクセスが増えれば増えるほど、
産経のサの字も知らない人の割合が多くなる。

そういう多くの客層を引きつけつつ、
独自性は独自性でカッチリ守っていくことだね。
それがまたファン層の拡大につながるでしょう。



関連過去記事

産経がブログとRSSの新サイト立ち上げ
 ・・名物記者のブログも






スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
憂国と好奇心の30代男

マイブログ・メルマガ

 待避禁止!

 宇宙開発ニュース β版

 メルマガ:古今東西の名言

サイトマップ

 過去記事一覧

 過去記事一覧(本店ブログ)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。